TOP
 

目次
 

前の
ページ
 

次の
ページ
 

メール
 
 
 

英国の
切手
 
 

 

 

 
  KINDLE FIRE キンドルファイアー活用ノート
 

 キンドルでの電子書籍リーダー比較

 キンドルファイアーという電子書籍リーダーで使える、他社の電子書籍リーダーアプリの比較研究です。

 ふつうは、専用電子書籍リーダーであるキンドルで、他社のリーダーアプリはインストールできないようになっています。しかし、キンドルの電子書籍の

電子書籍だけではないkindle fire活用法

に、書かれている方法を使えば、google playのホームページからPCにダウンロードして、インストールする方法で、できました。この手が使えるのなら、わざわざ、リスクのある「キンドルのルート化」なんかしなくても、この方法を使エバ、何でもできちゃいます。そもそもルート化は、google playから自由にアプリを取りたいためにするのだから、この方法使えば何でも大丈夫。 この本の著者さん、ありがとう。

 やり方は、上記の本を参照してください。書籍購入以外はすべて無料でできます。

 ここから電子書籍リーダーの使用感等の、比較を書きます。ここで紹介するもの以外の他社電子書籍リーダーも、私はやっていませんが、インストールできると思います。試しにやってみてください。自己責任で。他社で買いたい電子書籍がなかったので 、やっていません。

 結論から言うと、他社アプリではなく、キンドル自身の電子書籍リーダーが一番使いやすいです。多分に「使い慣れている」という要素もあります。キンドル自身の電子書籍リーダーが一番という結論では、当たり前というか、身もふたもないです。

 消極的な方から紹介してゆきます。

 総合書店honto アプリ

  総合書店hontoのアプリです。このアプリをキンドルにはインストールできます。書籍の購入や、購入履歴を見ることが出来ますが、肝心のリーダーアプリが起動しません。つまり読めません。アプリの表示によると、「現在アクセス中のあなたの端末は 非対応端末です」とのことです。まあ考えたら当たり前のことかもしれません。「対応リクエスト」ボタンがありリクエストできるようですが、多分、キンドルには対応してくれないでしょう。

 新しいバージョンでは、対応するようになりました。購入した電子書籍をキンドルで読むことが出来るようになりました。!!!!

 もし対応してくれたら、丸善で買った紙の本のポイントとかも使いまわせるので、便利です。iPad等にインストールしたhontoアプリでもそうですが、購入した電子書籍は端末にダウンロードできると考えられるので、インターネット接続できない環境でも読書できる便利さがあると思います。あくまで推測。対応してくれたら の話ですが。

 ここで書いたことが出来るようになりました。

 ZASSHI-ONLINE.COM+BOOKS アプリ

 起動したときにはオススメ商品のページが表示され、本を読むためには、いちいちリーディングルームのページに移動しなければならない。前のページの続きから表示してくれない。よくフリーズする。フリーズしたら、キンドルをシャットダウンして起動しなおさなければならないので、ジャマくさい。ネット接続できない環境では読めない。

 Fujisan.cojp アプリ

 今読んでる途中の本が最初に表示されるので、便利。画面が明るすぎる。タブレットに設定してある明るさより、明るくなるので、場合によるとまぶしいぐらい。明るさをコントロールできない。暗い部屋で寝ながらベッドで読むには、明るすぎて目が覚めてくる。ネット接続できない環境では次のページが読めない。

 電子雑誌の場合、次月号が、勝手に送られてくる。間違えてそれをタップしてしますと、購入したことになってしまう。最初にクレジットカードの番号登録してあるので、そこからお金が引き起こされてしまう。定期購読している人には好都合な機能でしょうが、試しに雑誌を買った人は要注意です。 というか、こういう押し売り的な方法は、どうなんだろう。

 パピレス アプリ

 電子書籍を端末にダウンロードするので、ネット接続できない環境でも、問題なく電子書籍が読めます。

 書籍の購入で、電子ハウチャーを買うシステムになっています。100円、1000円等ののバウチャーを買って、電子書籍を買うシステムなので、中途半端な端数のハウチャー上のお金が残ることになり、もったいないのでまた次の本を買ってしまうようになてしまいます。それが、向こうの作戦なのでしょうが。中途半端なお金が残ると、安く買っているのか高く買っているのかよくわからない。 そのため、次の本を買ってしまう。結局それが向こうの狙いか。

 

 書籍をダウンロードできると、ネット接続できない環境でも読めるので便利ですが、あまり大量の書籍をダウンロードすると、希少な資源であるメモリーを圧迫するのは、きついかも。

 

 他社アプリではなく、キンドル自身の電子書籍リーダーが一番使いやすいです。そちらがオススメ。キンドル自身の電子書籍リーダー以外では、私としては、パピレスが、使いやすいと思いす。

 結局、購入する書籍の値段、つまりアプリを出している会社のディスカウント、またはポイントも大事な要素だと思います。書籍は定価とおりに販売されるはずですが、安く買えるのなら、アマゾンでなく、あえて他社アプリで電子書籍を読むのもありかと。

 各社、どのアプリも、本棚が同じデザインなのはどういうわけなのだろうか。

 
 

 

 

 

前のページ

次のページ

| トップページ | 海外パソコン |  | 英国の切手 |

Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このページの記事、図版の無断転載を禁じます。