海外駐在員保険 研究  
 
       +英国の医療、保険制度

 

  英国の保険制度

  海外駐在員保険比較研究

 英国以外へ行かれる方は、次の「英国の保険制度」を読み飛ばして、「 駐在員保険研究」を、お読みください。

 

 英国の保険制度

 

緊急時電話番号 999

 999に電話をかけると、警察(Police)か消防(Fire service)か救急(Ambulance)か聞かれる。どれかを答えると、それにつながる。

医療制度

 National Health Service (NHS)により、16歳以上の国民は強制加入で所得に応じて保険料を払わなければなりませんが、薬、歯科治療、めがね処方以外の治療は無料で受けることができます。 同伴する子供が、16歳になったら払わなければなりません。

 しかし、1年未満の駐在や出張の場合、NHSの加入資格がないので、NHSの無料医療サービスを受けることができません(もっとも保険料も払っていませんが)。病気や事故のとき、必然的に病院の窓口で全額支払うか、有料(全額自己負担)のプライベート医療を受けることになります。1年未満の 滞在はNHSの加入資格がありません。古いガイトブックや一部のサイトは、6ヶ月未満と間違えて書いてあります。 つまり1年未満の滞在の方は、海外駐在(旅行)保険に入らなければ、万が一の時の医療を受けられません。

 そのため海外駐在(旅行)保険に入ることが重要になってきます。

 また、海外駐在(旅行)保険の唯一の欠点である歯の治療費がカバーされないこと(つまり歯の治療は自己負担)に関して、イギリスでは、歯の治療は、子供と出産前後の女性以外は無料にならない、つまり普通の英国人でも自己負担になっています。ですから英国 滞在では海外駐在(旅行)保険が圧倒的に有利になります。

 

 駐在員保険研究

 

 このNHSような社会保険と海外旅行傷害保険とのサービスの違いをはっきりさせておきます。社会保険はケガ病気の治療費は無料(英国の場合)になりますが、それだけです。その国の外に出た場合まったく役に立ちません。一方、海外旅行傷害保険はケガ病気の治療費無料のほか、携行品の盗難、賠償責任、特別費用、死亡後遺症などの保険も含まれています。国外に出ても大丈夫です。普通はこれらがセットになっているセット保険が使われますが、安くするためにこれらの補償額を適当に組み合わせる事(フリープラン)も可能 だそうです。たとえば、社会保険に強制的にはいらさせられる場合(英国の例では1年以上の滞在)、フリープランで傷害治療費、疾病治療費をなし にすることも可能だそうです。2年目、3年目で現地の事情がよくわかっている人には、有効な方法だそうです。

 英国に限りませんが、社会保険は国外から加入申し込みができませんので、どうしても入国後、加入手続きを始めるということになります。そのため、日本を出国してから社会保険の加入が認められるまでの間、その期間だけでも 海外駐在(旅行)保険に入っていなければ、無保険状態になります。

 現地の留学保険に入ったある方からメールでこんな質問を頂きました。「ホームステイ先で盗難にあい、保険が出ることになったのですが、日本に帰り着いてからポンド立ての小切手が送られてきて、その小切手を自分の口座のある銀行に持っていったのだけれど、換金できませんでした。この小切手をどうしたらいいでしょうか。」というものです。こんなこと私に聞かれても困ります。自分の経験談を言えば、イギリスの銀行(NatWest)の小切手に500ポンドと書いて、日本の兄に送ったことがあります。兄は知り合いの銀行に持ち込ち込んだそうですが、その小切手はいろんなセクション、他行をたらいまわしされ、手数料、手数料を次々引かれ、元の値打ちの半分ぐらいの値打ちの日本円にしかならなかったことがります。
 これらのことから、保険は日本で入っておくほうが無難なようです。

 さてここから保険会社の保険の比較に入ります。

 大手保険会社のうち、旅行保険のあるのは(あいうえお順)AIU、損保ジャパン、東京海上、日動火災、三井住友海上です。問題はこの海外駐在(旅行)保険の期間です。AIUは1年ですが、三井住友海上は6ヶ月、他は1週間以上の料金をインターネットで調べることもきません。多分1ヶ月以上の保険の受付をしていないのだと思う。6ヶ月未満の滞在では保険会社を選ぶことができます。しかし6ヶ月以上の滞在では、短期の保険をつないで使うか、AIU を選ぶか、どちらかしかありません。短期の保険をつなぐ方法は割高になるので、結局長期の滞在をされる方は必然的にAIUしか選択肢はありません。

 このことに関してAIU関係の方からのメールによると、
 「ほとんどの日本の保険会社は3ヶ月以上の海外旅行保険、留学保険には消極的です。リスクが高いことで引受を制限しているケースもあります。インターネットで日本の保険会社も申し込みを受けつけていますが、ほとんど3ヶ月までです。AIUは1年までインターネットで受けつけています。日本の保険会社は海外のサービス網はほとんど外注会社にクレームサービスを委託しておりますが、AIUの場合、自社グループのAIGのクレームサービスの現地会社があります。」
 ということでした。日本の保険会社にとって、旅行社主催の「16日間ヨーロッパの旅」みたいなパック旅行の旅行保険なら喜んで引き受けるでしょうけれど、留学 とか長期駐在なんかの海外駐在(旅行、留学)保険は引き受けたくないでしょうね。

 どこか安い保険屋さん(代理店のことだだと思う)は知りませんか という質問をよく受けます。保険の条件が同じなら、どの代理店で申し込んでも保険料は同じだそうです。ただ保険料を安くするためにフリープランを組んでもらうには、普通の代理店ではだめで、フリープランを扱えるとこだけだそうです。 専門の代理店で自分の条件に合わせたフリープランを作ってもらったら、安くできます。たとえば自分が死亡したときの補償金額を低く設定するとか(自分が死んで、親はお金もらっても嬉しくない。でも家族のある方は残された家族のために掛けておく意味はあると思う)


  日本の健康保険で、海外での治療の料金の請求する方法があります。
以下、保険会社のパンフレットから引用

日本の健康保険制度は海外の医療費にも適用されます。
日本の健康保険が海外での医療費にも適用されます。請求の際は医師の署名が入った診療明細書や領収書が必要。帰国後、診療明細には日本語訳(翻訳者の住所、氏名も明記)を添付し、社会保険事務所に提出します。
ただし、手続きに時間がかかる上、日本の診療報酬に見合った額のみの払い戻し(日本で8万円の手術なら、現地で30万円かかっても8万円しか払われない)となりますので、別途、海外旅行傷害保険に加入しておいたほうが安心です。

 社会保険事務所に書類を提出するやり方は、自分も日系企業に雇われていたので、何度もしたことがあるのでわかるのですが、大変です。現地の医師は、日本の健康保険の請求とかに慣れていないので (あたりまえ)、必要な書類を書いてもらうが大変です、というか それを説明するのが大変。また社会保険事務所は、やれ書類の不備とか、訳がおかしいとか(辞書みろ!! おまえら医療・保険の専門家だろう!!!)、まあ難癖つけてきます。 お役所は難癖つけるのが得意ですから。社会保険事務所が金出したくないのはわかりますが、もらえる額が少ないのであきらめたことが何度かあります。まだ現地にいれば、書類の不備を指摘されたら、どうにかできますが、日本に帰ってからでは、あきらめるしかありません。それともう一つの問題は、診療明細の日本語訳です。ロシヤ語やスワヒリ語の医療明細なら訳をつける必要があるのはわかるのですが、英語の明細で、なぜわざわざ訳がいるのかわかりません。これもお金を出さないための障壁のひとつ なんでしょうけど。この訳ですが、医療の専門用語の翻訳です。医学の専門家なら簡単なんでしょうが、一般人では大変です。翻訳業者にまる投げしてしまったら楽チンですが、翻訳料に仮に1万円払っても、払戻金が1万2千円では、自分の仕事を増やしただけで元が取れていませんし、まして払戻金が9千円なら何してるのかわかりません。ですから自分で医学英和辞典と格闘しながら訳すしかありません。私は自分で訳しました。医学英和辞典で調べてもわからないことがあります(特に専門的なこと)。私の場合たまたま身近にそういうことが聞ける人(英国人看護婦)がいたのでどうにかなりましたが。また実際お金が振り込まれるのは書類提出後、(問題なく行ったら)3ヵ月後から6ヵ月後です。この方法、何度も請求したことのある自分でさえ面倒(+不愉快) だったのですから、はじめて利用しようという方にとって現実的な方法とは思えません。 ほとんどの人は途中で請求を断念すると思う。私でさえ何度か断念したんだから。

 この方法は、後で取り返せるとしても(ほとんど実質的に不可能だけど)、医療費を一時立て替える方式です。 ですから、いつ病気事故にあうかわからないので、滞在の間いつも一定額以上の現地通貨の現金を持っていなければならないことになります。1ヶ月後に帰国するから手持ちのお金(現地通貨)を使い切ってしまえ というわけにいきません。

 健康保険では治療費しか払ってくれませんが(それも一部だけ)、海外駐在(旅行)保険の場合、治療費全額は当然のこととして、破損、盗難にあったときの保証、賠償責任など、親(親族)が危篤になったときの一時帰国費用までカバーしてくれます。その上24時間日本語アシスタンス・サービスがあったり、現地の提携病院利用できたりとが、クレームするときの手伝いをしてくれたりします。このことまで考えたら断然、 海外駐在(旅行)保険の方が得ではと思います。この「クレームするときの手伝いをしてくれる」のは、本当にありがたいと思う。社会保険事務所に請求するやり方では請求の妨害しかしないから。

 私の個人的な意見ですが、海外駐在(旅行)保険が健康保険より有利なのは、旅行保険料が私たち自身が病気になったり、事件事故に遭う確率、それにかかる費用を元に計算されているからで、一方、健康保険料は国民(多くの老人を含む)が、病気になる確率、それにかかる医療費を元に計算されているからだと思います。

 もっとも保険なんかにお世話にならないことが、一番いいことなんですけど。掛け捨てになるほうが自分にとって、一番しあわせなことです。(保険で元とっても嬉しくないぞ!!)
 

***********************************************************

  資料

 

在ロンドン日系病院のパンフレットから

海外旅行保険に(原文ママ)お取り扱いについて

当院では下記の海外旅行保険をお持ちの方ついて、病気やケガの際に発生した治療費をお立替頂く必要のないキャシュレスサービスを受けることができます。

(略)

海外旅行保険をご使用になる際、下記の病気やケガは支払いの対象になりませんのでご注意ください。

□保険を購入される以前に生じた病気やケガ(既往症のものは支払い対象外)
□経過治療中の慢性の疾患
□ケガ以外の歯科の治療
□ケンカによるケガ
□同一病気で初診の日から180日経過したもの(ケガについてはケガの日より180日を経過したもの)
□妊娠、出産、早産、流産
□健康診断
□予防接種(治療に使用される予防接種は除く)
□診断書や証明書等
※その他の詳細につきましては、もよりの海外旅行保険会社にお問い合わせください。

患者の皆様へお願い
キャシュレスサービスをお受けになる際、次の書類が必要になります。
□一疾病ごとの(継続中の疾病は除く)の保険クレーム用紙の記入
□写真の添付された身分証明書(パスポート)
□保険証書

 

********************************************************

  海外駐在(旅行)保険の資料を送付していただける保険代理店を募集しています。お問い合わせは 著者までメールで。


Copyright (c)  2005-2016. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
このページの記事、図版の無断転載を禁じます。