|トップページ|イギリス語学留学|海外パソコン活用法|
Japan in British Stamps

イギリスの切手の中で取り上げられた日本を紹介します。

London Economic Summit conference (5 June 1984)

Lancaster House

↑実物大

拡大図→

 1984年ロンドンのLancaster Houseで行われた第10回主要国首脳会議(サミット)の記念切手です。当時の中曽根首相が参加されました。議長はイギリスのサッチヤー首相で、以下アメリカのレーガン大統領、フランスのミッテラン大統領、西ドイツコール首相など、今から考えると大物が目白押しでした。
 
この切手は、なんと言っても日の丸が真中あたりのはっきりわかるところにあるのがうれしいじゃないですか。

 

Europe, International Events (7 April 1992)

Grand regatta Columbus Operation Raleigh

Grand Regatta Columbus 1992

↑実物大

拡大図→

 この切手と日本との関係はわかりにくいのですが、実はこの船はKaisei(Japanese cadet brigantine) 開成丸というのです。Kaiseiはコロンブスアメリカ発見500周年記念レースに参加したことにより、イギリスの切手に採用されたようです。

 

150th Birth Anniversary of Sir Arthur Sullivan (composer). Gilbert and Sullivan Operas

The Mikado

↑実物大

拡大図→

 Sir Arthur Sullivan生誕150周年の記念切手のひとつです。かの有名なギルバートとサリバンによるオペラ(オペレッタ)のひとつThe Mikado(1885)がこの切手の主題です。日本ではこのミカドと言うオペラはあまり知られていませんが、日本や日本の皇族をモデルにした作品です。ついでながらイギリスでは(ヨーロッパでは)、グリコのポッキーはMIKADOと言う商標で販売されています。

| トップページ | イギリス語学留学 | 英国の切手 |