現地からの生情報 個人が発信する留学情報
      

<< 前のページ海外語学留学のページ | 次のページ >>

このページも文章が長いのでプリントアウトして、後でゆっくり読まれることを強くお勧めします。

 

 私がこのページを公開してから、多くの人からどこか良い学校を紹介してほしい、アドバイスしてくださいと、メールをいただくようになりました。私はこの学校がいい  と言うようなアイデアをまったく持ち合わせていませんが、私なりの 意見をいろいろ返事してきました。
 同じような質問が多々あり、そのたび 同じ質問に答えてきましたが、同じことの繰り返しが面倒になってきましたので、ここからはよくある質問についての私なりの意見をまとめてみました。これは私(著者)の意見です。どうされるかの最終的な決定は、 ご自分で判断してください。
 

お気に入りに追加する

後悔しないために、どこの学校を選べばいいか

日本人の少ないところ

ロンドン

公立(大学)

どこか良い学校を紹介して欲しい

割引、値段の安さ

スポンサーライセンスの停止処分

住居について--ホームステイ

お金つまり予算

資料請求について


日本人の少ないところ

 

 日本人がたくさんいたら、いやだ と言う気持ちはわかるのですが、今の時代、日本人のいない英語学校は世界のどこを探しても 見当たらないと思います。そのことは覚悟しておいたほうがいいです。

 案外、英語圏である南アフリカ共和国の英語学校ならば日本人がいないかもしれませんが。でも、あなた以外の学生は近隣の諸国から来た黒人の 人ばっかりだったりして。意外とそんな英語学校でも日本人ばかりと言うこともありうるかも。

 冗談はさておき、英語学校で日本人がゼロのところはないとしても、日本人率が低いところは探せばあると思います。どの英語学校が日本人の割合が多いか少ないか、私にはわかりませんが、英語学校にその日本人率を聞くのがいいのでは と思います。どの学校も実際の割合より少なく言うでしょうけれど、まさか90%を10%とは言わんでしょう。


 ではどの様にして日本人率の少ないところを探せばいいのでしょうか。

 日本人がいまだに来たこともないだろう というような田舎に行くこと だと思います。これなら日本人率の低さは確実です。ただそういう田舎は交通の便が悪いです。たとえば北アイルランドなどどうでしょうか。そこまででなくも、北部イングランドあたりがいいのではないでしょうか。スコットランドまで北に行き過ぎると、日本人が多いそうです。

 日本人が少ないところを探すのに、日本で販売されている日本語で書かれた本や 雑誌、日本の紹介業者の資料を参考にすることが、まず根本的に間違い だと思います。
 考えてみればわかるのですが、日本人がこの日本語の本を読んで申し込むのですから、日本人が多くなるのは当たり前のことですし、まして紹介業者が紹介して いる英語学校は、この紹介業者が集めた日本人をその契約している英語学校に送り込むのですから、日本人が多くて当然です。

 日本で販売されている本や紹介業者の資料に日本人率が書いてあるかどうかわかりませんが、日本人の少ないところを探しておられる方々は、この率の低い学校を狙って申し込みますので、すぐにこの日本人率は上昇してしまいます。
 もし日本の紹介業者や本で紹介されているのに、日本人率の低さを維持し続けているような学校が仮にあるとしたら、それはまた別な問題を抱えている学校ではないでしょうか。

 このことに関して、たまたま日本の紹介業者のホームページを見ていて ふと目に付いたのですが、紹介している学校の日本人率が「 2 % 」と書いてあり、そんな訳ないだろうと思いました。その学校が日本でまったく 紹介されていない学校なら いざ知らず、どんな本にも載っているようなありふれた学校だったのです。
 業者がわざと低く書いているのか、学校が嘘の数字を業者に伝えているのかわかりませんが、常識的には日本の本に紹介されているような普通の英語学校では、日本人率の平均は10%ぐらいじゃないでしょうか。 私が通っていたころはそのぐらいでした。

 日本の紹介業者や本で紹介されていない学校ということは、つい最近設立された実績のないところであったり、以前問題を起こしたことのあるところである可能性もあります。紹介業者も責任があるので、いいかげんなところは紹介できないからです。
 また、小規模校は、業者にとってメリット(利益)が少ないので紹介され ないそうです。そのため、そういう学校のほうが、逆に日本人が少なくていいようです。

 ある人からこんなメール(愚痴)をいただきました。「日本人率5%だと(斡旋業者から)聞いていたのに、日本人7人とあとは韓国人だけのクラスに入れられました」。
 もしかしたら(多分ないと思うが)、学校全体としては日本人率5%だったのかもしれませんが、こういうこともあるのですね。(日本人10人、韓国人190人だったのかもしれない。日本人率5%だ !!)

 このあたり難しいところですね。

 国籍上限を設けているところはないですか、という質問もよく来ますが、世界のどこの英語学校を探しても、そのようなバカなことしている学校はないと思います(と以前は答えていました)。世界のどの英語学校にとっても、 いまだに日本人が一番のお得意さんなんですから、営利を目的にしている英語学校がその日本人の入学を制限するわけがありません。

 ここで国籍上限を設けている英語学校は無いと書きましたが、このページを読まれた人から、国籍上限がある英語学校もあると、メールをいただきました。その人は日本人であるが 故に入学を拒否されたわけですが、その理由がその学校の日本人率が現在80%を超えているからだったそうです。  拒否されてその人にとっては良かったかもしれません。
 またある業者の 人から、日本人上限25%ぐらいの学校も少数ながら存在するというご指摘も受けました。

 結局この問題は、日本人の少ないところを探しておられる人は国籍制限10%ぐらいのところを探すために私などにメールを下さるのだけれど、実際は国籍制限70%ぐらいの学校がほとんどで、25%ぐらいの学校は少数ある、というのが正しい答えのようです。

 

 日本人が少ないところを探すには、日本で販売されている本で紹介されている英語学校や日本の紹介業者が契約している英語学校以外を探すべきです。それと、考えてみれば判るのですが、英語学校のホームページで日本語のページを持っている学校は、日本人が多 く集まるそうです。日本語パンフレットを用意している 学校、日本に事務所を持っている学校もです。ましてや、日本人カウンセラー(職員)がいると宣伝しているところ は確実に日本人が多いそうです。

 日本人は大都会志向がとても強いので、ロンドンなど大都会の英語学校はどこも日本人が多い そうです。私はこの日本人率が理由だけでなく、別の理由ででも人にはロンドンの英語学校は勧めません。(日本人が大都会志向が強いのは、その本質が田舎者だから??)

 ところで、あまり日本人の数だけに、こだわるのはどうなのでしょうか。クラス全員日本人だと日本の学校に通っているのと変わりませんので、 海外に来ている意味がありませんが、クラスに一人や二人いたところで、英語の上達は結局は自分の心がけじゃないでしょうか。
 そう言えば、以前ある英語学校に通ったとき、日本語は絶対に使わない 女性がいました。私も、雑談でさえ、英語で話しました。たいした心がけだと思いましたし、ここまで来るとたとえ日本人であっても、外国人として英語の勉強の対象になります(英語でしかコミュニケートしないのだから)。私が彼女と日本語で話しをしたのは、そのコースの最後のときでした。とてもしっかりした人でした。もっとも、周りにいる 日本人のレベルの低い連中は変な目で見てましたけれど。
 このレベルまで来ると、周りにいる日本人が自分の英語の勉強の邪魔になるという理屈は、自分の不勉強の言い訳にしか聞こえません。

 日本人と一緒になって遊ぶのでなく、日本人に対してさえ英語でしゃべるぐらいの覚悟があれば、日本人も外人です。

  もっとも、今や 日本人の多さや、儒教の国の韓国人や、親日的な台湾人の数を気にするより、mainland Chineseの多さのほうが重要な問題だそうです。このことに関して最近多くのメールをいただきます。まだ日本人が多いほうがましだそうです。
 ある人からメールで、学校名は伏せますが、日本人率2%と学校から聞いて、行ってみたら、 若干名の日本人とその他の国の人 以外は、あの国の若者たち(teenagers)ばかりで、あまりに常識が**な人たちばかりで、だから日本人(その他の国の人も)は避けているんだと納得した という話をいただきました。

 ネットサーフィンをしていて、私が書いたこの上の内容(この上の文章は私のオリジナルです!!)をパクッている(盗用している)サイトを見つけました。 個人のホームページでなく、業者のサイトのFAQのページで「日本人の少ない学校」の回答として、みごとに上の内容をまとめてありました。ちょっとやることひどいよな。

△戻る△
お気に入りに追加する

ロンドン

 

 ロンドンに関するご質問が多いです。

 ロンドンと言う大都会に対する憧れはわかるのですが、実質的には大してメリットはないと思います。英語学校の授業料は郊外の都市の学校に比べて割高であること、当然ホームステイ など宿泊の費用も高くなります。毎朝英語学校に通うのに満員の地下鉄に乗って行かなければなりません。通学費も必要です。生活費も高くなります。お金が高くついても英語が上達するのなら良いですが、そうじゃありません。

 ロンドンはイギリス人の都市と言うより国際都市ですので、よく言われるようにイギリス人の友達がほしいのなら郊外の学校のほうがいいです。

 一般的にロンドンの英語学校は日本人の割合が高いです。

 また、刺激が多いので、勉強そっちのけで遊んでしまうかもしれません。国際都市ロンドンは日本の情報が容易に手に入るので、学校の帰りに日系の書店に寄って週刊誌を買って帰るような生活になるかもしれません。実際、日系の書店でマンガを立ち読みしている若者が多い。
 英語を勉強することに、この誘惑はとても邪魔になります。遊びを第一の目的にしていらっしゃるのでしたら、ロンドンでもいいと思いますが。実際、英語学校をサボって遊びまわっている日本人留学生(若者)がロンドンにはやたら多いです(うるさい親もいませんしね)。

 ロンドンはホームステイ先が少なく、というかホームステイしたい人の数が多すぎて、学校は入学できるが宿泊先が見つからない  と言うことが多々あるそうです(特に夏)。結局高くついても寮やホテルということになるそうです。
 実際、学校には入学金を払って入学出来るのだけれど、宿泊先が決まらないと、私にメールで泣きついて来られる人が結構います。こんなこと言われても私は何も出来ません。
  需要より供給が少ないと言うことは、つまりホームステイできたとしても、良いホームステイ先に当る確率は極端に低いということです。親切で面倒見のいいホームステイ先にお世話になりたい人は絶対郊外の学校に行くべき だと思います。 自分が言うのは変ですが、保証します。

 ロンドンはテロの標的にもなりやすいので、そういう意味でもロンドンを避けられたほうがいいと思います。

 平日は、学校の勉強があるのでそれ以外のことは出来ないでしょうし、何かするときは結局週末と言うことになります。用事があるのなら、週末だけロンドンに出て行けばいいと思います。

 というわけで、ロンドンは薦めません。日帰りできる範囲の郊外、つまりロンドンから離れた中流階級の町や、Oxford、 Cambridgeの学術都市などがいいのではないでしょうか。これらの地域の方が、へんなホームステイ先に当たることは少ないと思います。

 私が、もし紹介業者ならロンドンに対して否定的なこと言わないで、クライアントの言う通りにするでしょうけど。はっきり書かして もらいました。

△戻る△
お気に入りに追加する

公立

 

 ここで は、主にイギリスのことについて述べていますが、他の国の留学についても、基本は同じだと思うので、留学される国に置き換えて、読み替えてください。

 また、ここで、公立と言っているのは、イギリスでuniversity、college、polytechnicと呼ばれている高等教育機関が、本業の大学教育でなく、併設している英語学校を指しているとお考えください(イギリスの大学は一部を除きすべて国立)。私立で **** Collegeと名乗っている英語学校があります。これはここで議論する公立とは関係ありません。

 私も夏休みや夜間のコースに公立の英語学校に行った事があります。はっきり言ってあまり良い印象を持っていません。いろいろなことを問い合わせても、反応が遅く、何度も督促した し、料金の間違いも多々あったことを覚えています。
 私が行ったときは、施設はpolytechnic(今は大学に昇格?した)の間借りですし、そこの先生は普通の学期は地元の公立の小学校の先生がアルバイトで来てる人でした。 いくつかクラスを渡り歩きましたが、授業はいい加減でした。長崎の何とか言う短大と提携している様で、その短大の女の子がぎょうさんいました。まるで花園のよう? 

 特に日本から申し込まれる人はビザの問題で入学許可書を早く手に入れなければならないので、しつこいぐらい督促しなければなりません。英国留学の場合、entry clearanceの申請が始まったため、出発のかなり前には書類をそろえなければなりません。 
 始めて手続きを自分でする 人には、出発前から、嫌な思いをすることになると思います。嫌な思いだけならいいけど、払った料金を無駄にして留学を断念することになると思います。

 それと、1クラスの人数がとても多かったです。

 これはサッチャー首相時代に大学などの公共教育機関の予算が大幅に削減され、その不足分を埋めるため各大学が、夏休みや春休みや夜間など 、または教室が使われずに開いている時間に、外国人相手にこのような英語学校を開設しているのです。
 お分かりのように、本来の教育目的のためにしているのでなく、本来の目的を経済的に補填するために、行っている、悪い言葉でいえば、金儲けのためにしているのです。(それにしても、商売のやり方がへたくそ!!)

 多くの人が、英国でも公立のほうが安いはずという  間違った先入観を持っておれれます。日本で公立の学校(小中高大)と私立の学校を比べた場合、公立のほうが安いので、まあ普通に考えたら公立の英語学校のほうが安いと勘違いしてしまうでしょう。
 なぜ公立の学校のほうが安いかは、自治体からお金が出て営利を目的にしていないからです。しかし、大学などの併設の英語学校の場合、本科の大学教育では国からお金が出るので授業料を安く抑えることができます(英国人の学生の場合だけ、留学生は高い 、これもお金儲けをしているから)
 上でも説明しましたが、大学の予算が削減されてその穴埋めとして開設されたこれら 付属の英語学校は、利益をあげることが目的ですので、国からもらうお金を回して授業料を安くするなんて な事は しません。英国民の税金から来ているこの予算を、税金を払ったことのない外国人、コースが終わったらすくに帰国してしてしまう外国人に便宜を与えるために回すなんてなことしません。そんな バカなことするぐらいなら英語学校を止めてそのお金を本科の大学の教育に回すはずです。

 授業料は実際は安くなく、場合によると意外に高いところもあると聞きます。このことを疑問に思われる 人は資料を取り寄せて比べてみてください。公立のほうが安い はずという誤解が解けるはずです。中には安い公立もあるそうですが、それを言えば私立にもいくらでも安いところはいくらでもあります。よくない学校ですけど。
 これら公立の学校が(大学の名前を使って)、やたら日本の私立の大学と提携したがるのは、高い授業料でも確実に学生を確保できるからだそうです。日本の私立大学も「英国の***大学と提携」と言うことになると、箔がつくからです。金を払う学生(厳密には学生の親)のことを考えていないぞ!!!

 「大学が開催している外国人相手の英語研修コースだと、本科生(その大学の本来の学生)と交流がもてるのではないか」という質問をいただくことがあります。しかし、大体こういいう 英語のコースは本科の授業の邪魔にならないときに開講されているものです(本科の教育がその大学の本来の教育目的なのです)。
 具体的には夜間とか、夏休みなどの長期の休みの頃とかに開催され事が多いです。イギリスの大学生は長期の休みになると、すべての荷物を持って実家に引き上げるものです。この時期、教室とか、寮とかが空になってしまうので、こんなコースを作るのです。本科生との交流は実質的に不可能です。いないのだから。
  図書館などの施設を利用できるので、得なのでは という意見もいただきますが、現実問題としてあまりメリットはありません。夏休みなどの長期の休みは、学食は閉まっていることが多いし(利用者が少ないのだから仕方がない)、LLも使わせてくれない。LLの職員が休みに入っているから。もしLLを使わせてくれたとしても、そこにはフランス語やドイツ語、日本語の学習テープはあっても、英語の学習テープなどない(あたりまえか)。
 図書館を利用できるといっても外国人相手の英語研修コースだと本を借りれないのが普通です。本は自由に見れるとしても、大学の図書館にある英語で書かれた専門書なんか現実問題として見る事はないです。せいぜい自習室として利用できるだけ。まだ私立の英語学校の図書室のほうが規模は小さいけれど、外国人対象の英語学習の図書を置いてくれているし、LLも英語学習テープが揃っている。

 上でも書きましたが日本の私立大学と提携しているので(日本だけとは限らないけど、トルコの大学とか、台湾の大学とかいろいろ)、こういう英語学校は二十歳前後の若者が多いです。25歳以上の 人は気恥ずかしい思いをすると思います。自分も長崎の短大のお姫様たちに、「変なおっさん」と見られていたと思う。
 提携している大学の学生がある時期に、研修旅行と言うことで団体で入ってくることがあり、日本人の 大学生の団体なら ほんとに 気恥ずかしい思いをすることになります。 この日本人大学生たちも他の国の学生との交流を期待して来ているのに、クラスに変な ”おばさん” や  ”おっさん” がいることをあまり好まないと思う。

 唯一のメリットは、大学の”雰囲気”を味わえられるだけ? だからどうなのって感じですね。(それと、日本にいる家族が近所のおばちゃんに「うちの娘(息子)は (イギリスの)****大学に留学してるんざーます」と自慢できることぐらいですか。  自分がいい歳の”おばさん”になっているのに、うちの娘は留学してるんざーます は 恥の上塗り??)

 というわけで、私はあまり人には公立の英語学校はすすめません。本当に英語力を向上させたいというのなら、やめておかれたほうがいいと思います。私にメールを下さる 公立留学経験者の人のほとんども、同じような意見をお持ちのようです。

 

 留学代理店に勤めている人からメールで教えていただいたのですが、この数年どこの公立の英語学校も、中国人学生(Mainland Chinese)の数が過半数を占めるようになってきているそうです(特に10代の)。
 授業中大声で中国語でのおしゃべりを止めなかったり、物がなくなったり(盗難)、 カンニングをすることに罪悪感がなかったり、他の国の学生からの評判がよくないので、多くの代理店は公立の学校 は薦めないようにしているとのことでした(彼らの自己中心的な行動が、まさに中華思想??)。
 20年以上前までは完全な共産主義の国でお金持ちなどいなかったのだから、今の中国のお金持ちはすべて成金です。その息子や娘 で、あの国は一人っ子政策だから 一人っ子で甘やかされて育ってきているので、推して知るべしです。

 このことに関して、日系企業相手のビザ専門の弁護士事務所(ロンドン)で働いているという人から教えていただいたことによると、あの国の人々の場合、学生ビザ取得に関して、日本人と違って領事館に出向いての面接があったり、料金全額前払いの証拠など など、かなり大変だそうです。
 日本に入り込んでいる中国人みたいに、留学が違法入国の抜け穴、になることを英国政府はとても恐れているそうです。そのため、政府の監督下の公立の学校か信頼の置ける伝統あり高級な大手の有名私立の英語学校しか、ビザを出さないそうです。高級な私立は料金が高いので、必然的に公立にあの国の人々が集中することになるそうです。

 メールで頂いた話では、公立の入学手続きでcriminal record(犯罪歴証明書)の提出を求められるところがあるそうです。この人は、地元の警察に英文の犯罪歴証明書を頼みに行ったところ、その証明書がなぜ必要か、何に使われるかを証明する書類を学校に発行してもらって(日本語に訳して)提出するように言われたそうです。学校に言うと、そんな書類は出せないといわれ、学校と警察の板ばさみで、結局留学をあきらめたそうです。これも テロと、犯罪の多い○国の学生が公立で増えた事の副作用でしょうか。

 上の公立の議論と関係ないですが、日本の留学代理店などが主催となり、学生を集めて夏期などに、大学のキャンパスの教室を借りて、英語コースを開講していることがあります。このコースを代理店は、******大学と、さも大学がじかにやっているように宣伝しているそうです。実際大学に問い合わせてみたら、日本の代理店に聞いてくれといわれるそうです。

△戻る△
お気に入りに追加する

 

どこか良い学校を紹介して欲しい

 

 これこれの学校、業者の評判はどうですが、という質問をよくいただきます。自分のところにはいろいろな学校や業者の、感想、意見、トラブルや問題点、不満など、いい感想、悪い感想  いろいろなメールが来ます。この感想も、中傷や宣伝であることもあるので、複数の同じような意見がないことには判断できません。
 複数の意見で、いいことはこのホームページで紹介したり、メールでそのようにお答えしたりできますが、悪いことは言えません。営業妨害と訴えられたら困ります。ですからこの質問には答えに限界があります。

 自分のところに来る質問メールで一番多いのが、「****(地域または都市名)のどこかいい学校を紹介して下さい」、というものです。自分が通ったことのある学校(複数)ならその学校の設備とか規模とか環境とか雰囲気とかの情報をお教えできますが、それ以外の地域・都市のこと聞かれても、わかりません。
 毎日 多く来る「紹介して欲しいメール」に一々対応してられません。

 いったん返事を書いたら、次から次へとメールで要求をエスカレートさせる人がいらしゃいます。タダだと思ったら利用しなければ損みたいな感じで繰り返しメールが来ます。 返事が遅かったら督促まで来ます。やってくれて当然という態度です。私は留学相談業をしているのではありません。ましてタダで。 

  メールを下さる人の気持ちは理解できるのですが、お互い忙しい身の上ですので。それでこの「紹介して欲しいメール」には、インターネットで業者の無料留学相談 でも利用されたらどうでしょうかと返答しています(自分が面倒だからよそにふっているだけ??)。 自分みたいな狭い範囲の知識でなく、専門家に聞かれるほうが広く判断できると思います。
 いろいろな無料留学相談のサイトのありますが、結構親切にアドバイスしてくれるところもあるようです。ためしに、相談して見られてはどうでしょうか。

 

△戻る△
お気に入りに追加する

 

割引、値段の安さ

 

 よくいただく質問に、英語学校の授業料に学割はないのですか、というのが多いです。学割はありません。考えてみればわかるのですが、22歳の会社員と学生がいて、学生のほうにあえて割引をするメリットが、英語学校にはある と思えません。
 それと、英語学校の授業料を**パーセント学割と謳っているあやしい業者があるそうですので、ご注意ください。英語学校が学割していないのに、業者が 勝手に学割できるわけないじゃないですか。
 よくよく考えてみれば、授業料の学割なんて理屈からしておかしいです。これが可能なら、あなたが今大学生なら、通っている大学の授業料を学割してもらってください。

 最大15%割引しますとうたっている怪しい業者があります。実際申し込んでみた人からいただいたメールでは、まったく割引してくれなくて、苦情を言ったら、「最大15%で、必ず割引しますとは言っていません」 と言われたそうです。 すでに支払ったデポジットがべらぼうに高ぐ、それが丸々キャンセル料になるので、そのまま業者に支払ったけれど、 独自レートや税金、その他の追加料金などで、自分でしたほうが 安かった  そうです。

 教えて いただいた話によると、学校から業者に払われる紹介料(コミッション)というのは、授業料(宿泊費を含まず)の3〜5%ぐらいが相場だそうですので、15%割引 なんて絶対不可能な話です。結局 「15%割引」 をエサに客を集め 、割引しない(その上追加料金を取る)か、全額騙し取るか のどっちかではないですか。

 業者でなく学校が割引をしていることがあるそうです。日本の留学斡旋業者に勤めている人から、メールで教えていただいたのですが、不自然な割引を 突然始めた学校は倒産の可能性が高いそうです。
 元々からある長期の割引や秋期冬期の割引、新しく始めたコースのプロモーションのための割引など理屈の 通る割引は問題ないのですが、普通は料金が高くなるはずの夏期のコースで割引をはじめたり、英語学校のホームページから申し込んだら割引とか、すべてのコース、期間で  突然一律割引を始め出したところは、可能性が高いそうです。
 まあ考えたら、前年度に一年間の学生数を見積もり、それで利益が出るように (赤字にならないように)料金が計算されたはずなのに、割引を始めるのは、見積もり通り学生が集まっていないからです。世界的不景気、戦争が原因で学生が集まらずに閉校になっている学校が結構多いそうです。
 同じような例として、個人が割引の交渉を学校に直談判して、簡単に割引に応じてくれる学校は、ほとんど倒産寸前だそうです。力のあるエージェントから交渉してもらって割引を勝ち取れるのならわかるのですが、個人が交渉して 、簡単に割引してくれるなんて、よっぽど  お金がほしくて、困ってる そうです。

△戻る△
お気に入りに追加する

 安い学校(格安校)

 

 安い学校はいくつかあるそうですが、安いだけで選ぶのはどうなんでしょうか。留学の目的が勉強でなく遊びなら、ビザ さえとれたらいいのだから安いとこを選ぶのはわかるのですが、ちゃんと勉強したいのならそれなりの教育をしてくれるところにしたらどうでしょうか。

 もしあなたが私の身内なら、安いところ ましてロンドンの なんか、危なくて、絶対に行かせませんね。その両親に事実を話して、反対してもらいます。絶対阻止しますね。

 あまりに安いところは、外国人が違法入国目的に利用されていて、その入国審査官もそれを知っているので、その学校名から判断して入国を拒否する そうです。トラブルの原因になります。特にロンドンなどの都会の安い学校はマークされています。というのは労働目的の人は、田舎でなく仕事のある都会に来るからです。
 「以前(上のような安いところに申し込んで)入国を試みて拒否されたことがあるのですが、もう一度イギリスに行きたいのですが、今度は問題なく入れてくれるでしょうか?」と言う質問もよくいただきます。こんなこと私に尋ねられても困ります。

 入国拒否にあったあと、授業料の返還を申し出ても、実際お金は戻ってこないそうです。普通は**日前にキャンセルを申し出れば可、というような規約になっている ので、手遅れ。 メールで教えていただいた話では、入国拒否は自己責任で 正当なキャンセルの理由にならないといわれたそうです。ブラック・リストの学校は結局お金を騙し取ってるようなもんではないのかと思います。

 ブラック・リストに載っている学校の名前を教えて欲しい、と言うメールをいただくことがあります。このブラック・リストが公に公表されているわけでなく、私が知っているのは単にうわさですので、他人にどうのこうのとは言えません。該当の学校から営業妨害と訴えられたら困ります。
 そのうわさでいいから教えて、と言われても、いいかげんなこと言えませんし。せいぜい、ロンドン などの大都市の 格安校といわれるもの はすべて、ぐらいまでです。
 このホームページを見られた人々の情報によると、問い合わせたときに、やたらお金の支払いばかり しつこく言ってくる学校は、怪しいと思った方がいい ようです。それとこういう安い学校は、請求金額をごまかすそうですので、注意して請求書を見る必要があるそうです。

△戻る△
お気に入りに追加する

スポンサーライセンスの停止処分

 

 最近話題の 英国留学の、スポンサーライセンスの停止処分 についてですが、次のようなメールを多数いただきます。

「学費が払ったばかりなのに、この学校のTIER4資格 (スポンサーライセンス)を取り上げられ、その後、学校に電話しても出てくれないし、メールの返事さえももらえない。(以下略)」

 このホームページを見ている方から教えていただいたところによると、スポンサーとか、スポンサーライセンスを簡単にざっくり説明すると、身元不明の外国人を責任をもって受け入れますという責任者がスポンサーで、その資格が、スポンサーライセンスです。学生ビザ労働ビザでは、当人とスポンサーライセンスを取得した者が責任をもって申請することになります。
 スポンサーライセンスの停止処分(TIER4資格剥奪)されると、長期留学には必要な学生ビザの申請において、必ず却下されることになります。つまり、スポンサーライセンス停止された学校には長期留学できないと言うことになります。
 この不景気の中、失業率が上昇している現状で、英国政府は違法入国、違法労働の外国人に対する取締りを強化しているそうです。実際一部の語学学校が、この違法入国の片棒を担いできたことは事実で、ルールの厳格な履行と、違反に対する 厳しい処分を求められるのは当然のことと思われます。
 普通は、学校は 授業料等のお金を払わないとビザ申請に必要な書類の作成はしないので、「お金払ったのに留学できない」という、上のメールのような事態が発生するわけです。

 ここで話題になっているのはスポンサーライセンスの停止ですが、教えていただいたところによると、スポンサーライセンスの剥奪という処分もあるそうです。スポンサーライセンスの停止では、新しいビザ申請ができないということですが、スポンサーライセンスの剥奪は、今在学している学生でもすぐに出国しなければなりません。

 「自分は短期の留学だからビザも必要ないし関係ない」 と思われる人もいると思います。しかしこれはスポンサーライセンスの一時停止だけの問題ではないと思います。
 学生ビザに関係ない短期留学予定の人でも、スポンサーライセンスの停止中のA校に入学するだろうか。私ならしない。
 普通に考えたら「スポンサーライセンスの停止中」 というのは、「悪い学校」のレッテルを貼られたようなものです。政府を欺いて出入国の問題で不正をするような学校は、会計でも不正してるだろうな と考えるのは普通のことだと思う。(自分のお金は大丈夫?)

 「スポンサーライセンスの停止」という不名誉な肩書きはマーケティングではマイナスに働くはずです。というのは、停止の期間は 長期留学の学生は入学できないのだから、 その入学申し込みがないのだから、学校にとってその分の収入が減ります(日本人学生だけでなく世界中から)。
 そうしたら、倒産の可能性が出てきます。倒産の可能性があるとわかっていたら、たとえ短期留学予定の人でも逃げますので、ますます入学数はさらに減少します。そうすると、倒産の可能性がますます高くなります。
  こういう停止されるような学校は、多量の内部留保のお金を持っているとは考えられません。その月の収入(入学希望者が払う料金)で、その月の先生の給料と家賃を払うような自転車操業しているものです。スポンサーライセンスの停止され、入学希望者の料金が入らなくなったら、今月は給料と家賃は払えたけれど、来月は?? という状態になります。

 短期留学だからビザ関係ないから、入国、入学できますが、在学中、ある朝 学校に行ったらドアをロックアウトされていて、ホームステイに帰ったら1週間後に出て行ってくれと言われる ことも考えれれます。

 上のメールでもそうですが、学費を払った後、スポンサーライセンスの停止されて、倒産の可能性があるとわかっても、私たちとしては防ぐ術(すべ)がありません。
 いわゆるビザ取り学校と言われるような、格安の学校は、ほとんどすべてスポンサーライセンスの停止になっているそうです。ビザ取り学校だけでなく、いわゆる普通の英語学校でも、スポンサーライセンスの停止になっている学校もあるそうです。 格安の学校でありながら、運良くスポンサーライセンスの停止になっていない学校もあるそうですが、時間の問題で停止になると思います。

 結局、留学先学校を決めるとき、スポンサーライセンスの停止されていないか、される可能性がないか を、信頼できる留学業者に確認し、留学先を決定する必要があると思います。と同時に、万が一の時に、返金してくれるかどうかも確認する必要があると思います。
 しかし、学校の規約では、これこれこういう返金ルールがあるといっても、実際そうゆう事態になったとき、本当に返金してくれるかは、別問題です。 倒産してしまったら、お金は返ってきません。

 上にも書きましたが、スポンサーライセンスの剥奪になったら、即 国外追放です。だから、こんなビザ取り学校なんかに近づかないのが正解です。

 いただいたメールによると、「現在ホームオフィスによる審査でM(学校名)はライセンスを失いました。さらにその際の対応に関しては史上最低といわざる終えません。責任という言葉を知らないとしか思えません。はっきり言って最低最悪学校です。結局生徒のことは2の次だとよくわかりました。入ってみたら所詮はビザ取り学校の様で、英語を勉強したい人には向かないでしょうというのが感想です。こういう いんちき学校がライセンスを失うのも当然です。」

 このサイトではイギリス留学を主に取り上げているわけですが、長期留学の方は イギリス留学をあきらめ、アメリカ、カナダ、オーストラリアへ切り替えることも場合によっては 考えてもいいのでは と思います。

△戻る△
お気に入りに追加する

住居について--ホームステイ

 

 住居をどうするかについては、私は、ホームステイ推薦派です。英語を上達するには、やはりネイティブの家庭に入りこみ、その 人と話をすることで、自分の英語の間違いを直してもらったりして少しずつ上達すると思うのです。
 同じレベルの 学生がいる寮では、意思を通じ合うことは出来ますが、自分の英語の間違いを指摘してくれません。ましてフラットなんかを借りて一人住まいすると、誰も英語の話し相手になってくれないばかりか、夕方から夜にかけて暇で暇でしかたがないと思います。

 英語が十分でない状態で、フラットを探すこと自体大変ですし、まして賃貸契約を結ぶときに不動産屋に、ていよくぼったくられるだけです。

 また、大学(公立)の英語学校の場合、ホームステイよりも大学の寮を強く勧めてきます。それはホームステイを斡旋してその宿泊料をホストファミリーに取られるより、長期休暇で空いている大学の寮に放り込んだほうが宿泊料も稼げるからです。

 「寮なら同年代の学生と友達になれて良いのでは」、というご意見をいただくことがあります。留学の目的が友達作りだけにあるのなら、あえてこの人の意見に反対しませんが、ほとんどの 人の留学の目的は、「英語の上達」にあるのですから、寮なんかに入るのはお金 の無駄にしか思えません。 
 実際、上のような「寮で友達」という意見を 私に言ってこられる人は、費用をすべて親が出してくれる学生さんばかりです。自分で稼いで貯金した金で留学される社会人の人からは、このようなご意見をいただいたことがありません。皆さんわかってらっしゃるようです。

 以前留学斡旋業者で働いていたという人からのメールによると、ロンドンやニューヨークなどの大都市の英語学校は、一軒家を一戸 買って(または借りて)、そこを寮(student residence)としていることが多いそうです。
 その目的はパンフレットなどで 寮もある と紹介するするためにこのようなことをしているそうです。 5〜10人ぐらいが定員のことが多いそうで、実質ほとんど入れない。またひどいところでは、一部屋10人の寮もあり、日雇い労働者の タコ部屋 状態のところもあるそうです。

 また寮は夏の期間だけという学校も多いそうです。というのは夏の期間は学生が多く、十分なホームステイを確保できないからだそうです。

 また、ホームステイを追い出されたような本質的にマナーの悪いやつらが、寮に集まりますので、寮の規則が全く守られず、ひどいところが多いそうです。 麻薬がはびこっていたりとか、中毒状態の人がいたりすることもあるそうです。最初寮に入っていたのだけれど、あまりにひどいのでホームステイに変えてもらった という話もメールでよく来ます。
 英語学校は、学生の評判等で、いつもホームステイの質を監視し、ひどいファミリーは契約を解除しますが、すでにお金を払って入学してしまった学生を追い出すことができません。つまり学校は良いホームステイ先を選べるが、 悪い学生は拒むことができない。学校は寮の施設設備は管理できるが、住人の質を管理できないということです。

 また寮は盗難が多いそうです。部屋に鍵があったとしても、自分はちゃんと外出時に必ず鍵をかけていても、同室の人が鍵をかけ忘れて盗難にあったり、逆に自分が鍵をかけ忘れ て盗難にあったら、 自分が弁償する責任が生じ、居心地が悪いです。以前にこの部屋を使っていた人が勝手に合鍵を作っていて、自分たちが戸締りをしていても盗難にあったりします。
 寮に入る人は、現金パスポートは当然として、パソコンやデジカメなど、置かないことが肝心です。というか持ってゆかないことです。それと留学保険で盗難保険をかけておく必要があります。

 フラット、寮に宿泊したい人は、最初の数週間はホームステイを予約して、様子を伺った方がいいと思います。というのは日本にいては、フラットの契約はできませんし、寮の様子もわかりません。現地に着 いて、実際を見て判断されるほうがいいとおもいます。

 ホームステイは、英語学校の申し込み用紙に、普通はaccommodationの欄がありますので、ホームステイを希望すると書いておけば探してくれます。その際、自分の希望をはっきりと言うことです。例えばアレルギーがるので、ペットのいない家庭を希望とか。
 自分で英語で上手く書けない、希望がかなえられないと留学できない事情がある という場合、インターネットの無料のサービスなんかを利用して、そこから強くプッシュしてもらうという手もあります。

 ホームステイのあたりはずれは、その家庭の人とあなたの相性によると思います。あたりはずれは、どんなことでもあると思います。まあ普通は、ホームステイ先が不満なら英語学校に言えば、可能なら変えてくれます 。

  「願書に自分の希望を書いたのに、自分の希望とまったく違うホームステイ先を割り振られた」というメールをよく頂きます。特に自分で英語学校に直接入学手続きされた人に よく起こる問題のようです。
 斡旋業者を通して申し込まれた人の場合、その人の希望とおり、つまり業者の要望通りしておかないと、今後、英語学校に客をまったくまわしてもらえなくなるかもしれないから 、顧客に不満をもたれるようなことはしないのです。
 一方 、個人で申し込んだ場合、ほとんどの人は2度同じ学校に入学しないから、不満をもたれても営業上、一向に問題がないからです。

 個人で申し込んだ人に授業で丁寧に教えないというような(目に見えるような)差別はないですが、ホームステイ など宿泊の割り振りはその差別が目に見えないけれど、留学生活で一番影響の大きいところだと思います。
 誰かに「はずれ」をあてなければならないのなら、営業上 影響の少ない方に当てるのは、ある意味、合理的ですが、「はずれ」を押し付けられた 人は、災難です。
 評判の良いホームステイ先は、業者を通して申し込んだ人から優先的に割り振るから、どうしても個人申し込みの人は不利になります。 同様に寮で 個人申し込みの人に、表通りやトイレ、シャワーの隣や下のうるさい部屋に割り当てるのは当然のことです。最初から希望を無視して「はずれ」を割り振るひどい学校もあるようです。
 メールでいただいた実際にあった話では、大型ハ虫類のペット(と そのエサのネズミ)を部屋で飼っているホームステイに行かされた人がおられます。 同じような例として、スパイダー・コレクションを見せられた という話もいただきました。ホームステイや寮の部屋の割り振りだけでなく、他にもいろんな事で不利益をこうむると思います。

 自分の入学手続きを有料の業者にまる投げすると、手数料取られてしまいます。この不利益を避けるためには、 前のページでも書きましたが、学校を決めるのは自分でするとしても、入学申し込みは、直接料金を学校に払う無料の入学申し込みサービスを利用してはどうでしょうか。

 このことに関して去年にカナダに語学留学した人からこんなメールをいただきました(一部書き直しました)。
 「どうしても我慢できない問題があって、学校にホストファミリーを変えてくれるように頼みましたが、変えてくれませんでした。結局、6ヶ月間(すべての期間)いさされました。学校で友達になった日本人の友人は、わたしなら我慢できる ささいな不満を学校に言って、すぐにホストファミリーを変えてもらえたのに、わたしは変えてもらえませんんでした。(中略) 学校から連絡があってホストマザーが、わたしがホストファミリーを変わりたがっているということを聞きつけて、ますます気まずくなり、居心地が悪くなりました。食事も冷たいものしか出してくれなくなったし、話もしてくれなくなりました。(中略) その当時はなぜわたしだけこんな目に合わなければならないのかわからなかったのですが、貴方のホームーページを見て、納得しました。わたしはすべて自分で申し込みをしましたからです。そういえば友人は 業者から申し込みをしたといっていました。」

 同様に個人で直接入学申し込みをし、寮に入ったという人からいただいた話では、変な人と相部屋にさせられたというものです。要約は 「(この人は)毎晩違う男の人を連れてくるので、自分の部屋では寝れませんでした。 (中略) その寮では男子もいたので嫌だったんですれど、しかたなくコモン・ルームのソファーで寝たりしました。寮のお金は払っているのにB&Bに泊まったりもしました。 (中略) 自分の部屋で行われていること(売春行為)を言って、(部屋を)変えてくれるように学校に言ったんですけど、空きがないといって変えてくれませんでした。(中略) その人のことは学校では有名な話で、みんな同情してくれました。 (最終的には)ホームステイに変更して、寮を出ました。」
 学校からしたら、業者を通して申し込んだお客を、こんな人と相部屋にはできません。日本の業者に知れたら、即、契約打ち切りにされてしまいます。 

 また、地元で変なうわさの立っている寮は結構あるそうです。

 同じような話として、 こちらは男性からのメールですが、寮で同性愛のやつが、しつこくせまってきて、おちおち寝てられないので、すぐにホームステイに変えて寮を出たそうです。クラスで話したら、みんな知っていた  そうです。つまり学校も知っていたはず。

 以前行った学校と別の学校を探しておられるという人から、次のような内容のメールをいただきました。あまり長いので内容を要約すると、
ある 代理店を通して申し込み、夏休みにブライトンのある学校に行って、とても親切なホームステイ先に当たり、先生や学校の対応もたいへんよく、その学校にいい印象を持ったそうです。 春休みに、今度は、ある程度英語に自信もできたし、事情もわかっていたので、同じ学校に自分で申し込んて、行ったそうです。行ってみたら今度はネイディブでないインド系移民の家庭で、 訛りのある英語で、 あまり親切でなく、家の中も変な「におい」がしていて(たぶん香辛料)、学校に変えてくれるように何度も頼んだけれと、代わりの家がないとかの理由で  結局 変えてく れなくて、英語の勉強どころでなかった そうです。
 春休みに代わりの家がないというのは、おかしな理由だと思う。春で代わりがないのなら、もっと込み合う夏はどうのするのだろう ?? だからこれは嘘だと思う。

 以前英語学校で日本人職員として働いていたという人からのメールで教えていただいたのですが、学校はどの客(学生)からも週**ドルというように同じ金額をホームステイ 費として徴収していますが、学校がホームステイ 先に払う料金は家ごとに違うそうです。
 だから、学校としては安い家(つまりあまり評判のよくない家)に客を 出来るだけ長くホームステイさせたほうが、儲けが多くなるのです。
 これはメールを下されたこの人が働いていた学校だけの特殊な例ではなく、一般的に行われていることだと思います。いくつかのホームステイを変わったという 人から、前の家と今の家が同じ料金とは信じられない!! というご意見は、実はこういう からくり だったのです。
 よく私に、最悪のホームステイだった ぼったくりの家だった と恨みをホームステイファミリーに向けている人のメールをいただきますが、悪いのは学校です。そのホームステイは値段相応のサービスをしただけです。
 同じことは寮の部屋でも言えます。どの部屋に割り当てられても、誰と相部屋にされえても料金は同じです。

 よく言われるように、「留学が成功するかどうかは、いいホームステイに当たることだ」 そうですが、その意味でもいいホームステイを確保することは大事ではないかと思います。
 実際私のところに来る「英語学校がよくなかった」「留学に失望した」等の不満のメールを 下さる人と メールのやり取りして、よくよく聞いてみると、ほとんどすべてはホームステイや寮など宿泊の不満に関することですものね。
 授業の問題は、半分 自分の努力不足のところもありますが、質の悪いホームステイや、汚くて設備が整っていない寮、マナーの悪い寮生などの問題は、自分の努力ではどうにもなりませんから。

 自分のところに来た相談のメールであったのですが、個人で申し込んだ人が、Executive Home Stayをextraの料金を払って頼んだからと言っても、それがExecutiveだという保障はどこにあるのでしょうか。英語学校に聞いても、「まちがいない」と言われたらそれでおしまいです。
 いくら3食出るからと言っても、カリブ系移民のネイティブでない家族を割り当てられ、extraの料金を払うことに満足できますか。個人申し込みの人がExecutive Home Stayを頼むなんで、英語学校からしたら「鴨がネギを背負ってる」ようなもんなんでしょう。どうしてもExecutive Home Stayを申し込むのなら、そのクオリティーをチェックできる第三者(業者)を介在させるほうがいいと思います。

 留学先学校を決めたら、ぐすぐすしないですぐに、申し込み、自分の希望を言ってもらうと良いと思います。つまり早いこと申し込んで、いいホームステイ先 やその他の条件を先取りしようと言うわけです。
 申し込み が遅かったら、いくら強く要望を言ってもらっても、いいホームステイ先は先に取られてしまっています。いい条件を取るにはすばやく行動することです。

△戻る△
お気に入りに追加する

お金 つまり予算

 

 長期の留学となるとどうしても先立つものが必要となります。よく頂くメールに「お金が無いのですが、、、、」というのが多いです。だから、安い学校を紹介してほしい、奨学金はありませんか、バイトしながら留学することは可能ですか等々、いろいろ質問を受けます。

 まず奨学金はありません。バイトは可能です(ある条件で)。ただ バイトに精を出すぐらいなら、期間を短くしても英語の上達に専念されたらと個人的には思います。
  実際問題として、多くの日系企業は海外から撤退しています。残り少ない日系企業でもバイトを雇うほど仕事もない(予算もない)というのが現実だから、実際不可能。
 日本食飲食店、日系の酒場などのウエイ トレス、ホステスの可能性もありますが、やはり容姿が重要。 現地企業で、現地の人間と同じ職場で同じような仕事、といったところで英語が十分でない人(+身元の保証もない人)を雇うと考えられない、常識的には現地人を雇う。
 これが可能なのは英語が上級レベルでしょう。 それも肉体労働。

 予算が一定で、期間を長くしようとした場合、生活費は、いくら節約しても、期間に比例して多くなります。そうするとどうしても、授業料の方を節約することになり、 授業時間減らしたり、費用の安い学校になってしまいます。
 そんな学校で英語力の向上は期待できません。結局長いこといたのに、何も身につかずに帰ることになります。こんな学校の入学許可書では、入国拒否に遭うこともあります。

 また、バイトの収入を当てにして予算を立てた場合、ビザのために学校には期間の授業料を全額 事前に払わなければなりませんので、生活費が期間をまかなうには十分でない状態で入国することになります。上で言いましたように、バイトが見つからず、生活に行き詰り、学費は払ってあるのに帰国することになると思います。 結局多くの 人が留学を途中で断念して帰るか、夜の街に立つしかないのでは。

 というわけで、予算以上に長期間滞在しようとせずに、教育内容の良い学校に、少々授業料が高くとも、行って、しっかり英語を勉強されるほうが自分のためだと思います。バイトするなら 、留学で英語力をつけて、日本で英語の使えるバイトを探すほうが、絶対良いです。重宝されますよ。

 少し話が変わるのですが、会社を辞めたら、6ヶ月間失業保険をもらえると聞いているのですが、たとえば、この6ヶ月の途中で1年間海外留学して、帰国後残りの期間の失業保険をもらう、こんなことは可能なのでしょうか。これが可能なら、失業後、2ヶ月間留学準備をし、1年間留学、帰国後、4ヶ月間失業保険をもらいながら、留学で身に付けた、たとえば、TOEIC***点を 携えて、有利に就職活動ができるのではと。日本の皆さん、このことをご存知でしたら、お教えください。
 と お頼みしましたところ、失業保険に関して次のようなメールを頂きました。
 「失業保険に関してですが、退職から1年間有効で、解雇以外の退職理由では申請から3ヶ月後に3ヶ月間支給されます。 もしも職業訓練校へ通う場合はその間支給されるそうですが。留学は自己都合とされるため適用外で、帰国後から再び申請して3ヶ月間支給を待たなくてはならないそうです。だから、退職後すぐに6ヶ月間留学して、帰国後申請し、その3ヶ月後から3ヶ月間受給というのがぎりぎりかと思います。ちなみに私の友人は会社を退職後、職業訓練学校に6ヶ月ほど通い、その間失業保険をうけつつ語学を勉強し、そのままドイツに留学してしまいました。」
 結局は在職中に準備をしておいて、退職後すぐに6ヶ月留学、TOEICなどの資格を取り、帰国。その後就職活動、と言うのが一番現実的のようです。留学期間が最長6ヶ月になってしまうけど。帰国後の失業保険をあきらめるのなら、6ヶ月間失業保険もらいながら留学準備と語学の勉強、その後留学 というところでしょうか。親の家に転がり込める方など、就職活動中 食べることに困らない人はこちらのほうがいいかも。

 就職してたら海外で資格を取るなんてなこと時間的に無理ですし、冒険する気にもなられないと思います。幸か不幸か、失業しているということは、人生における良いチャンスかもしれません 。

△戻る△
お気に入りに追加する

資料請求について

   

 面白半分で、図書館から借りてきた本からデータを拾って、英国にある英語学校で電子メールアドレスが載っていた学校約600校に電子メールで資料請求してみました(スキャナーとOCRソフトを使ったんですが、データ入力がたいへんだった)。「姪が6ヶ月間英国留学を計画している」ということで、実は私には姪などいない。結局、送られてきたのはたったの40校ほどでした。ほとんどが大手の英語学校で、ご丁寧に日本語のパンフレットも付いていました。しかし、ほとんどの学校は資料を送ってくれませんでした。
  確かに一部のメールアドレスの間違いがあり、メールが返ってきましたが、それ以外のすべてのメールは届いているはずです。一部の学校は資料を送ってくれているし、まさか大手の英語学校にはメールを届けて、小さいところは届けないような差別をインターネットが自動的にしているとは考えられないからです。すぐにメールを開けていない可能性もありますが、それも時間の問題で、送ってくれる気があるのなら 、遅くなっても私のところに届くはずです。

 結局、電子メールでお手軽に資料請求しても、ほとんど送ってくれません(実証済み)。
  送られてきた数少ない資料を見ながら思ったのですが、結構きれいなパンフレットで、デザインもよくできており、紙質も上等で、デザイン料や印刷費が結構かかっているんだろうな  と言うことです。それを 、国内でなく、日本まで送る郵送費、それを送付するためにかかった手間の人件費も考えたら、たとえ一人に送るだけでも 結構お金かかっているのだろうな と思います。それを一個人から請求されたら  されただけ、無料で送るなんてなこと、大手ならいざ知らず、経営規模の小さい中規模以下の英語学校にとっては、どだい不可能なことなんだろうな  と思いました。

 資料を手に入れるには、やはり、丁寧に英文でレターを書いて(それも勉強!)、返信切手(国際返信切手券)を同封して郵便で送る必要があるようです。まあ考えたら、電子メールで「資料くれ」というのは、それもタダで、は  あまりに失礼です。
 教えていただいた話によると、サイトの資料請求のフォームからの申し込みであっても、日本みたいにインターネットの発達した国からの資料請求はイタズラ、冷やかし が多い上に、電子メールでの資料請求は入学率が悪い(利用者の側からするとあまりに安価に、かつ簡単にできるので、多くの学校に資料請求しすぎる)ので、 送らないそうです。
  ほとんどの学校は、郵便で来た資料請求だけに資料送付し、メールからの依頼では送らない学校が多いそうです。せいぜい「HPを見てくれ」か、学校の説明が書いてある返信メールを送るくらいだそうです。 資料を頼む側は無料ですけど、資料を送る側は費用がかかっているんですものね。

 メールで教えていただいたことですが、簡単に、無料で資料を大量に集めるには、日本の業者がよくやっている、仙台や名古屋などの各都市で行われる留学説明会みたいなものに参加したら、いくらでもくれます。もっとも、この資料には 、独自の料金表と、業者名および住所が書いてある「はんこ」が押してあります。だから、取り扱いにはご注意下さい。

 今の時代、わざわざ紙の資料を手に入れて、見なくても、学校のホームページと内容は一緒ですし、pdfファイルでダウンロードできたりまします。逆に紙の資料より、ホームページの方が情報が新しいですし、紙の資料で英語だと、いちいち辞書で単語を調べて読まなければなりませんが、ホームページなら、英語であっても、翻訳サイトを使えば、完全ではないですが、楽チンです。

△戻る△

 

 ご意見、ご質問は著者までメールをお送りください。

お気に入りに追加する

 

 

<< 前のページ 英語学校の情報を調べる

 | 海外語学留学 |

次のページ 留学保険比較研究 >>


ここで記載された方法により生じた不当な料金の請求等のどのような損害に関して、著者はいかなる責任も負いません。
Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. このページの記事、図版の無断転載を禁じます。