現地イギリスからの生の情報
海外語学留学

 |  海外語学留学のページ | 次のページ >>

手続きはどうするか

 以下、大まかな流れについて説明します。ここにあることのほとんどは、どんなガイドブックにも書いてあることとほとんど同じです。詳しいことは次のページ以降を見てください。

 留学準備は、出発日から半年〜3ヶ月前ぐらいからはじめるのが目安だと思います。

1、どこにするか。

 留学しようと決めたのならば、次は学校をどこにするか、どのコースにするのか、住居はどうするか、ホームステイにするか、また予算は、などを考えなければなりません。 「後悔しないために、どこの英語学校を選べばいいか」のページに自分なりのアドバイスがありますので参考にしてください。

 地域が決まったら、次は留学する英語学校を探すことになります。あなたの希望に合った数校を選んでください。

2、資料の請求

 地域が決まったら、その地域の英語学校のパンフレットを集めましょう。その学校に英語で請求します。1校だけでなく、2,3校の学校から資料を集めましょう。その中から自分の希望に合った学校、コースを選びます。以前このページで「電子メールで資料請求する」と書いていましたが、前のページにも書きましたが、電子メールで資料請求してもほとんどの学校は資料を送ってくれません(それが現実だから仕方が無い)。英文のレターを書いて請求してください。返信用封筒、返信切手(国際返信切手券)も同封することをお忘れなく。

3、申し込み用紙の記入

 自分が行く学校、コースが決まったら、申し込み用紙を送付する前に、自分が行きたい学校が受け入れてくれるか、参加したいコースや時期(特に夏季)に空きがあるか調べる必要があります。 夏のハイシーズンなど受け入れ可能をがあらかじめ判っていれば、入学手続きと航空券の予約を並行して進められるので、入学日は決まったが、その日に行けないという事態になる確率を低くできます。また学校が学生を選ぶ場合があります。それは日本人が多く集まりすぎていてこれ以上受け入れられない場合もありますが、学校が対象としている学生でないという場合もあります。例えばジュニア対象とか、アダルトのみとか、ビジネス・エグゼクティブを対象にした学校では20歳代の女性の申し込みがあっても相手にしてくれません(20歳代の女性がこんな学校に入学できたとしても、周りが偉そうなおっさんばっかりで面白くないと思う)。受け入れてくれるか、空きがあるかどうか調べずに、いきなり申し込み用紙を郵送し、料金(デポジット)払ってしまったりして、もし空きがなかったら、時間や費用を無駄にします。
 これに関して次のような話をメールでいただきました(要約)。英語学校のホームページのフォームから入学申し込みをし、指定通りの金額のデポジットを送金したのだけれど、その学校は倒産していて、別の学校の申し込みをしなおすにも時間がなく、留学を断念した。このようなことがあるので、申し込みの前に受け入れ可能か(まだ存在しているか)確認する必要があります。

 空きがある、受け入れ可能と言う返事が着たら、申し込み用紙を記入します。この用紙は学校のパンフレットの中に必ずあります。前のページにも書きましたが、申し込みには、日本の紹介業者独自の(日本の事務所でもらった)申し込み用紙でない方がいいです。学校から直接もらった申し込み用紙を使った方が変なことで損しないようです。申し込み用紙の記入は、その指示に従えば難しいい作業ではありません。

 授業時間に関して、時間とレッスンを混同しないようにしてください。たとえば学生ビザを取得するには週15時間の授業をとることが条件ですが(後のページを見てください)、1レッスン45分なら、20レッスン申し込む必要があります。日本の小中高校で、50分の授業を1時間と呼んでいるから、頭を切り替えるのは少し難しいかも。

 まだパスポートを取得していない人にご注意しますが、あなたの名前はヘボン式ローマ字で正しく記入してください(名前に限らず住所も)。それはパスポートがヘボン式ローマ字でしか申請できないからです。たとえば、「しんじょう ちふみ」さんの場合、いつもパソコンのかな漢字変換に入力しているときのように、Tihumi Sinnzyouと申し込み用紙に書いてしまったら、入学許可書もTihumi Sinnzyouさんになってしまいます。しかしパスポートはヘボン式ローマ字でしか受け付けてくれませんので、パスポートの名前はChifumi Shinjoさんになってしまいます。入国のときパスポートの名前と入学許可書の名前が異なっているので、必ずもめます、というか入国できません(他人の許可書で入国することになるので)。すでにパスポートを 持っている人はパスポートの名前をそのまま正確に記入します。

 自分のところに来るメールでも目立つのですが、ヘボン式ローマ字が正しく書けない人が多いようです。自分にメールを下さる東大や京大の学生さんでさえヘボン式ローマ字を正しく書けない人がいます。今の学校教育(小学、中学)ではヘボン式ローマ字を教えないのでしょうか(訓令式だけ?)。ヘボン式ローマ字が正しく書けることは、英国に留学することや英語を勉強すること以前の問題に思います(英語上達を目指す人は、パソコンに入力するときもヘボン式ローマ字で入力するように心がけましょう)。一度自分の名前をヘボン式ローマ字で正しく書いてみてください。それが一生使うあなたの正しい英語の名前です、というかあなたの国際的な正式な名前です。漢字の名前よりも大事なことなのです。それと最初の文字を大文字にしない人も多いです。固有名詞の最初の文字は大文字と習っているはずなんだけど。たぶんパソコンのせい?。また、いろいろ意見はあるでしょうが、日本人の名前は英語にするときは名前、姓の順になります。まったく個人的な意見ですが、東洋人で姓、名前の順番にしていると 、なんかその方は中国人か韓国人のような感じがします。

 住居に関して、ホームスティにするか、寮にするか、ゲストハウスにするかは各自の好みです。自分の好きなものを選びます。デポジット(手付金)の支払いですが、以前はポンド立てのの小切手を銀行で作ってもらう必要がありました。最近では、クレジットカードでの支払いが出来るようになり大変便利になりました。クレジットカードに関する必要事項を記入し、サインをすればそれでおしまいです。 ただクレジットカードは利用できる金額に上限がるので、金額が大きくなる長期の人は次の銀行送金しか方法はありません。まだ銀行送金(bank transfer)のみ受け付けている学校もあります。銀行送金はお金とはんこを持って都市銀行に行けば、窓口ですべてやってくれます。送金にかかった費用は自分持ちです。あとこの申し込み用紙を、学校に郵送するだけです。英語学校は入学願書が届いてもデポジット支払いの確認がないと、入学手続きを開始しません。入学しないのに願書を出すという、冷やかしと言うか、いたずらが多いからだと思います。 残りの料金は、国外(日本)にいる限り全額前払いです。料金を払っていないのに入学許可書を出せるのなら、違法入国・違法労働がやりたほうだいになるからです。すでに英国におられるのなら、入学日に全額払うということも可能かもしれません。学校によると思います。(これ以上お金に関することは私に質問しないでください)

 上は、自分で願書を提出する方法を説明しています。前のページでも言いましたが、学校を決めるのは自分でするとしても、入学申し込みはインターネットの無料の入学申し込みサービスを利用する方法をおすすめします(理由は前のページ)。

4、さあ出発

 OKの返事がきた段階で航空券や留学保険の手配をはじめます。申し込み用紙を送付してからしばらくすると、学校から受け入れる趣旨の手紙とその他書類が送られてきます。内容に間違いがないか確認してください。入学許可書に名前などの間違いがあると、入国のときにもめる可能性があります。他人の名前を騙って入国するみたいに思われるので、まあもめるのは当然でしょう。名前の間違いは結構多いようです。ホームステイされる方は、教えられたホームステイ先に「お世話になります」の手紙をあらかじめ出しておかれたら、印象がいいとおもいます。受け入れてもらえることが確定したら、さあ出発です。

 | 海外語学留学のページ | 次のページ >>


ここで記載された方法により生じた不当な料金の請求等のどのような損害に関して、著者はいかなる責任も負いません。
Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. このページの記事、図版の無断転載を禁じます。