現地からの生情報 個人が発信する留学情報
      

英国留学の入国手続きや、ビザ、エントリークリアランスに関して説明しています。

<< 前のページ | 海外語学留学のページ | 次のページ >>

Google

 

英国入国は大丈夫か

 このページは英国留学の入国手続きや、ビザに関して書いていますが、この基本的な概念は英国以外に留学にも役立つと思います。

入国、ビザ

 

 

 6ヶ月未満の留学は観光ビザ、それ以上の期間の場合は学生ビザになります。

 短期に英国に語学留学する場合は、観光ビザに相当し、日本人が英国に入国する際に、空港のイミグレーション (入国審査)で通常最長6ヶ月の観光ビザが交付されます。

 ただし、若者や女性が一人で入国する場合は、帰路の航空券を保持しているか、滞在のための充分な資金があるかなど厳しく調べられることがあります。しかし普通は、入国審査で英語学校の書類 や帰りの航空券を見せるだけで問題なく通れます。

 観光ビザでは就労することは許されません。外国人が英国で働く場合は、ワークパーミット work permit (労働ビザ)が必要になります。入国審査で、仕事をするというようなことを一言も言わない事が 大事です。冗談でも、仕事をする、または探しに来たというようなことを言ったものならトラブること間違いなしです。最悪の場合、強制送還になります。服装も学生らしい質素なもの(英国の学生の服装は質素です)の方が勉強しにきたという印象を与えやすいようです。若い女性の場合、”おみず”のような派手な服装、化粧をなさらないほうがいいようです。

 6ヶ月以上の長期に留学する場合は、学生ビザが必要です。学生ビザが必要な人は、入学する英語学校 の料金を支払い、前もって入学許可書及等の書類を入手し、 在東京英国領事館に入国許可書(entry clearance)申請するそうです。その入国許可書を持って、英国に入国する際に、空港のイミグレーション(出入国管理)で在学期間の学生ビザが交付されます。学生ビザは最長1年で、それ以降は毎年更新するそうです。 学生ビザ といっても はんこですが。

 学生ビザが認められるのは、週15時間以上の授業を取ることが条件だそうで、15時間以下の授業の場合、6ヶ月未満の留学なら観光ビザですので問題ないですが、6ヶ月以上留学することはでき ないそうです。6ヶ月以上留学するひとは最初から15時間以上の授業を取る必要があるそうで、学生ビザの場合、学業に支障がない範囲でアルバイトができるそうです。
 ある業者に勤めてられる人から、よくある間違いとしてご注意いただいのは、これは週15時間で、15レッスンでない ということです。学校によると1レッスン45分とという場合があると思います。その場合20レッスン申し込まなければなりません(つまり15時間)。レッスン数と時間数を間違えないようにしなけらばならないそうです。

 「3ヶ月間の留学で学生ビザは取れませんか」と言う質問をよく受けます。 3ヶ月間の留学で学生ビザは取れないそうです。というか3ヶ月の留学なら観光ビザで6ヶ月滞在できるから問題ないです。
 こういう質問をされる人のほとんどは、旅行代理店で航空券を購入するとき、学生ビザを持っていると学割??が効いて安くなる と言うこをお聞きになり安くチケットをお買いになりたいために、学生ビザを取得したいとお思いになられるようです。
 上でも説明しましたが、英国の入国に関しては、入国前にビザの取得はありえません(入国時にビザのはんこを押してもらうのだから)。この旅行代理店の人が、アメリカなどビザの事前取得が必要な別の国と同じように言っているだけです。ですから、英国留学予定の 人は、英語学校の「入学許可書」を提示することで、学割でチケットが買えるはずです。文句言われたら、英国留学の事情を説明しましょう。それでもだめなら、 その旅行代理店は知識のない、あてにならない代理店なのだから、他の旅行代理店に行きましょう。
 「3ヶ月間の留学で学生ビザは取れませんか」について、もうひとつの理由は、アルバイトしたいからこういう質問を するのだと思います。15時間以上の授業を申し込んであっても、6ヶ月未満の留学では観光ビザになります。 観光ビザではアルバイトは違法です。アルバイトしたい人は学生ビザが必要です。
 「3ヶ月間の留学で学生ビザは取れませんか」について、もうひとつの理由は、期間を延長するかもしれないので、最初から学生ビザをとっておけば、後の手続きが楽になるのではないかという勝手な推測です。
 実際手続きは楽になりません。ある業者の方から教えていただいた情報によると、3ヶ月間の留学でエントリークリアランス(入国許可)の申請はできるが、6ヶ月以上でないと学生ビザは取れないとのことです。6ヶ月未満の留学では観光ビザだから、エントリークリアランスの申請を免除されているのに、 事前にパスポートを送付して(つまりテロリストでないことを証明でき)、料金まで払って、わざわざ申請して くれるなんて、英国政府からしたら、こんなありがたいことないです。

 7ヶ月以上、15時間以上申し込んであって、入国許可書(entry clearance)を持っていても、入国時に怪しまれたら、学生ビザがもらえても、「労働不可」のはんこを押されること もありえます。 留学の第一の目的は勉強で、アルバイトは「おまけ」みたいなものなんですから、「バイトが目的、バイトだけをしに来た」と いうような疑いをもたれたら、「労働不可」のはんこを押されるような嫌がらせ??を、係官にされるのは当然です。まだ入国を拒否されなかっただけ まし。 

 皆さん入国時は いい子にしていましょう。

 一つ注意することは、英語学校が発行するのは「**ヶ月間の入学許可書」であって、ビザではありません。 在東京英国領事館がこれらの書類を審査して入国許可書(entry clearance)を発行し、空港の出入国管理の係官が入国許可書等の書類を審査して学生ビザを発行します。学生ビザを取るためには「**ヶ月間の入学許可書」を持っていることが大前提です。英語学校は全額支払っていない人にその期間の「入学許可書」を発行しません。もしそれが可能なら、違法入国やりたい放題になるからです。

 以前あった「外国人登録」は、日本人については、なくなりました。

 

 ビザに関してよくいただく質問は、長期(たとえば1年間)に留学したいのだけど、申し込んだ英語学校が自分にあっているかどうかわからないので、とりあえず3ヶ月申し込んで、観光ビザで入国し、 またはその期間だけの学生ビザで入国し、その学校が気に入ったら修学期間を延長し、よくなかったら他の学校に変わりたいのだけれど、その際ビザはどうなるの?、というものです。

 ビザの話をする前に、途中で学校を変えることについて少し言わせてもらいます。

 留学の本などを読むと学校が合わなくて学校を変えた(転校した) という話が多数載っているそうですが、私にメールを下さる 人はこれを見て不安になり、相談のメールを出されるのでしょう。なぜそんな、ビザ変更の問題もあるにもかかわらず、学校が合わない場合がある という、あえて不安をあおるようなことが留学の本に書かれてあるか考えてください。
 前のページにも書きましたが、その留学の本を書いているのは、つまり著者は、斡旋業者です。斡旋業者はあなたを英語学校に斡旋することで収入を得ています。極端な話、あなたが1年間同じ学校にいかれるより、3ヶ月ごとに学校を変わってくれるほうが4回斡旋できる 、4回入学手続きの手数料がもらえるので、収入も4倍増えます。 1年間同じところにいたほうが長期の割引が効いてあなたにとっては得ですし、下で述べるビザの問題も回避できますが、業者にとってはそんなこと関係ありません。業者にとっては、ビザのことでまた別のお金儲けができる?からかもしれませんが。
 「学校が合わなかったら」という事は、業者があえてあおっているところがあると思います。まあ、本の著者が業者だということ踏まえて、そのような本の記事を読む必要があるのでは。

 そのような本では「転校をするのは簡単」と書いてあるそうですが、次の学校に空きがあれば転校なんて簡単です。問題は、転校が簡単かどうかでなくて、滞在延長 の手続き が簡単かどうかです。

 私の相談される人の中には、学校を変える理由に、「同じところにいたら飽きるから」という おバカなことを言われる 人がいます。考えてみてください、高校3年間、大学4年間同じ所に通っていて、飽きましたか。この高校が飽いたから転校した人がいますか(世の中広いから、もしかしたら高校を渡り歩いている人が居るかも?)。毎週ディズニーランドに行っていたら、そのうち飽いてきます。ディズニ―ランドに行くことは、100%娯楽です。留学(勉強)を娯楽と同じようにとらえるのはおかしいと思います。「飽きる」と言ってる人に、「遊びに行くのか」と言いたいです。 英語の勉強に飽いてきませんか。楽しみながら勉強できることが一番ですが、すべてがそうでないことは、皆さんお分かりだと思います。

 それと現地に来てからいい学校を探すことはかなりたいへんです。どのようにしたらいい学校を探せるのでしょうか。 現地の人に聞けば良いと思われるかもしれませんが、具体的に誰に聞くのでしょうか。最初の学校の先生ですか。自分の学校のが良いと言うに決まっています。ホームステイ先の人ですか。そのことについて専門でないので、自分の家に学生を紹介してくれる英語学校以外はよく知らないし、よそを紹介してあなたをよそに行かせたら、あなたの分のホームスティ代を損するわけですから、よそを紹介するわけがありません。クラスメートに聞いても、その学校が良いと思ったからそこを選んだはずです。その他知り合いになったイギリス人(普通の人)なんかは、外国人相手の英語学校の良し悪しなんか詳しく知るはずがありません(普通の日本人のあなたは、外国人に、どこかいい日本語学校を紹介して、と頼まれてすぐに答えられますか?)。本屋に行っても、英語学校紹介の本など売っていません。自分で歩いて探すと言った所で、来て1ヶ月やそこらで、英語も充分でない状態で、できることは知れています。 平日に今行っている学校を休んで、学校回りするなんて本末転倒です。そんなことするぐらいなら授業に出て勉強したらと思う。ロンドンの日系業者をたずねても、日本の業者と同じ、契約している十数校からしか選べません (有料)。というわけで、現地に来てしまうと、逆に情報が得にくいと思います。

 また今いる学校は自分の学校の期間を延長してくれるのなら、滞在延長の手続きなど協力的ですが、他の学校への転校では非協力的です。他校を儲けさせるため協力するなんてなことしません。これは極めて当たり前のことです。実際、 次の学校にお金を払ったのに、現在の学校が全く協力してくれなくて 、留学を中断して日本へ帰られた人から、多数メールをいただいています。

 結局は、多くの人は少々不満があっても、最初の学校の滞在を延長することになると思います。つまり本の記事の内容にそそのかされて、結局、「損する」+「手間が増える」+「強制退去のリスクを負う」、と言うことです。
 それと長期の人は、少々の不満が出ることは仕方がないとあきらめるべきでは と思います。ガイド付の短期の観光旅行のように  すべてが上手く行くと考えるほうがおかしいです。 いろんなことがあるのが人生。偉そうなこと言ってますが。

 すでにある学校に留学していてその学校が合わないから変わりたいのだけれど、という相談のメールもよく頂きます。多くの 人とそのことについての、そのメールから私が感じるのは、その人がその学校に合っていないのでなく、その人が、海外に留学すること、海外で一人で生活することが合っていないのではないか、ということです(ノイローゼ??ホームシック)。はっきり言って、別の学校に変わっても同じです。

 話を、ビザの話題に戻します。

 私はビザに関する専門家でないので、詳しいことは専門の弁護士に聞いて欲しいのですが、上の場合、途中で 滞在延長をしなければなりません。
 私も同じような経験があります。書類の作成や手続きや管理局との交渉は、うちの職場が雇った専門の弁護士がしてくれたのですが、私自身は、 まあ人に言えないぐらいいやな思いをしましたし、時間もかかりました。 この留学の場合は、自分ですべてしなければなりませんし、費用もかかります。

 労働ビザと学生ビザの違いはありますが、複雑な手続きが待っていることは同じです。 自分でこれができる英語力に自信のある人はいいですが、誰でも簡単にできることではありません。 あらかじめ日本でするようが楽です。日本語で出来る。

 学生ビザの延長は、以前はいったん海外に出て再入国という方法で簡単に延長出来たのですが、法律が変わってこの方法が禁止されました。観光ビザの滞在延長と同様に、 滞在延長の申請を、役所に書類を提出する方法になりました。従来これらビザに関する手続きは無料だったのに、有料になりました。教えていただいたところでは、これらの手続き一回で250ポンド。

 具体的にどういいう手続きが必要か私にはわかりません。クロイドンにある事務所に出頭して手続きするらしいですが、そこは長い行列で、かなり待たされることで有名(私も経験者、別の用事で行ったことがある)。近くならいいですが、遠くの 人は、平日に泊りがけで行かなければなりません。1日で終わったらいいですが、何度も通わなければならないかもしれません。
 遠方に住んでおられる人の場合は、郵便で送ることも考えられますが、通常1ヶ月から2ヶ月ぐらいパスポートを預けた状態になるので、その間国外に出ることができません。親が危篤になっても帰れません。また、パスポートを郵送する事になるのですが、英国の郵便は紛失の危険があります。書留(registered mail)で送っても紛失します。なくなっても、郵便局も出入国管理局も責任をとってくれません。信じられないでしょうが、これは私の職場で起こった本当の事件です。 パスポート紛失は領事館に言えば再発行してくれますが(有料)、警察などの手続きが面倒です。また元のパスポートが犯罪に利用されれます。(約20年前のインド洋上空での大韓航空機爆破事件みたいに、****国のスパイが紛失した あなたのパスポートを使っているかもしれない 。日本国のパスポートは、アンダーグラウンドの世界では、高値で取引されているという話。)

 英語学校に授業料を払って、その入学許可書を持って滞在延長申請するのですが、 もし申請が却下されたら、28日以内、国外退去になります(10日という話もあり)。そうなると払った授業料が無駄になります。
 わざと 書類に不備を作って、そうなるように仕向けている悪徳英語学校もあると聞きます。 普通の英語学校は**週前のキャンセルはデポジットだけ取られ、それ以降は納入したお金は一切返却しないと言う規約になっている。 ビザ申請が却下された後、キャンセルを言っても もう手遅れ。

 イギリス留学の本などに、「ビザに切り替えのために、いったん海外(フランスなど)に出て、再入国すれば、簡単に切り替えられます」 と書いて いるものがあるそうですが、新しいシステムでは、この方法は禁止されました。滞在中に滞在延長申請しなかったら、再入国時、必ず追い出されます。

 1年留学の予定なら、最初から1年間の授業料を払っておいて、学校からの書類を持って、エントリークリアランスを申請し、入国時、1年間の学生ビザを最初にとったほうが簡単 です。 パスポートを郵送して紛失するのなら、日本で紛失してくれたほうがまし。

 というわけで、長期に留学される人は、途中で学校を変えるのでなく、良い英語学校を探して、最初から同じところにいるほうが、わずらわしいビザの問題を抱え込まなくていいし、長期に同じ学校にいるほうが授業料も割り引いてくれるので安くもつきます。そして少々の不満が出ることは仕方がないとあきらめる覚悟と、少々の不満を我慢する、または自分で解決する覚悟がいると思います。それはそれで勉強です。

 それでもどうしても、「合わなかったらどうしよう」という不安のある人は、良い学校を探し、たとえば1年留学の人の場合、授業料は1年分申し込み、ホームステイ代など宿泊料をたとえば最初の3ヶ月だけ 申し込むようにしてはどうでしょうか。
 というのは 自分のところに来るメールでは、「合う」、「合わない」の問題のほとんどは、ホームステイ先の人との相性 や寮等の 宿泊に関する問題であることがほとんどだからです。 良い学校かどうか、評判がいい学校かどうかは、留学生の感想を、インターネット、雑誌その他の方法で調べやすいですが、ホームステイ や寮の施設や状況だけは行ってみないとわからないからです。
 この方法だと、授業料は払ってあるのでビザの問題を回避できるし、ホームステイが合わなかったら、3ヵ月後に寮、フラットに移てもいいし(逆も可)、ホームステイの場合でも「ホームステイ先を変えてくれることを条件にホームステイを延長する」と学校に交渉をしやすいです。また良いホームステイ に当たった場合、同じホームステイにしくれるることを条件に延長を頼めます。
 宿泊料は普通は長期の割引がないそうですから、小出しにするほうがいいかもしれない。

 大手で英国各地に分校のある英語学校なら、最初の6ヶ月はOxford校、後の6ヶ月はCambridge校というようにすることも可能かもしれません。問い合わせてみてください。ただ、ビザの問題を避けるためには同様に、1年分 全額前払いすることが前提 だと思います。

 それでも学校を変わりたい人は、日本にいる間に、最初の3ヶ月行く学校、次の3ヶ月行く学校、その次の3ヶ月行く学校、最後の3ヶ月行く学校、4校の料金を払ってしまって、4枚の入学許可書で、1年間の学生ビザを 申請できます。
 ただこの方法は、3校目、4校目の学校は、入学日が1年以上先になるかもしれないので、学校が手続きを急いでしてくれない。エージェントから急がしてもらう必要がるようです。

 私はあまり他人のビザの問題にかかわりたくないです。どうしても、学校を変えたい人は、ご自分で解決してください。またはインターネットなどの留学サービスにでも相談してみてください。

 その道の専門家に聞いたら、抜け道はあるのでしょうけれど。違法に滞在することだけはやめてください。(イギリスのくさいメシはおいしいというウワサもある。英語で裁判を受けるのも、いい経験かも。←これは冗談)

 

 インターンシップ(work experience)についての、質問が多いのです。インターンだけの留学を手配します というある業者に申し込んで出発、この業者の言う通り観光ビザで入国し、ある事務所で無給でインターンシップとして働いていたが、ある日警察が、家に踏み込んできて逮捕された、というものです。逮捕理由は観光ビザで有給の仕事をするのは違法、ということで、実は働いていた事務所は、私の給料を現地の職業斡旋のエージェントに払っていて、このエージェントと、日本の業者でこの人の給料を山分けしていたようです。強制退去の目にあい、日本についてからこの業者に言っても、現地の 職業斡旋エージェントが悪いのだから、そちらに言ってっくれ の一点張りだそうです。

ビザ関係の事を言うと、インターンシップの期間は、授業を受けている期間より少なく、最大6ヶ月だそうです。働くところも審査にを受けたところでないと、インターンシップを引き受けてくれないそうです。だから、知り合いの会社で働きたいと思っても、その職場はあなたを受け入れるためは複雑な手続きが要るから、普通の会社は、インターンシップを受け入れたがらないそうです。

お気に入りに追加する

 

 

<< 前のページ 英語学校の情報を調べる

 | 海外語学留学 |

次のページ 留学保険比較研究 >>


Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. . このページの記事、図版の無断転載を禁じます。