現地からの生情報 個人が発信する留学情報
      

このページは情報の洪水の中から、有益な留学情報の探し方について説明しています。

<< 前のページ | 海外語学留学のページ | 次のページ>>

 このページは文章が長いのでプリントアウトして、後でゆっくり読まれることを強くお勧めします。

英語学校の情報を調べる

 

 英語学校の情報を集めることについて、大変役に立ったこと、時間と費用の無駄だったことなど、これから留学されようとする 人のために、皆さんの情報をお寄せください。お待ちしています。

 

 まずほとんどの人がすることは、本屋さんに行って留学関係の本や雑誌を調べることだと思います。ほとんどの日本人はこの本のなかから学校を選びますので、どうしても それらの学校は日本人が多くなってしまいます。 
 またこのような本の著者や、留学雑誌の出版元は、留学斡旋業者(またはその関連会社、その雑誌の広告を見れば親会社がわかる)です。 こういう本は、著者が斡旋業者ということ 、読者の対象を20歳ぐらいに置いているということを踏まえて読むべきです。ほとんどの人は何も考えずにその内容を、そのまま鵜呑みにして、学校を決められるようです。まあそれぐらいしか情報がないのでしょうね。

 経験者に聞くといっても、その経験者はいろいろな学校を渡り歩いたような人ではないのが普通です。その 人が経験された学校、コース、授業、ホームステイファミリーだけの印象であって、その学校の大まかな雰囲気はわかっても、留学全体を判断するには不十分に思います。そのことを踏まえた上で話を聞く必要があると思います。

 大手の留学斡旋業者がよく日時を決めて、仙台や新潟、名古屋などの都市で「語学研修説明会」とか「留学オリエンテーション」を実施しています。それなりの情報は得られるそうなので、参加されるのもいいかもしれませんが、向こうも商売ですので、うまく口車に乗せられ、行ったが最後、申し込みをさせられるのではと思います(つまり手数料を払う)。
 手数料を払うことが納得できるのならそこで申し込んでもいいでしょうが、不満なら振り切って帰るだけの自信のある 人だけにしておかれたらと思います。参加する時に名前や連絡先などを記入させられるはずですから、振り切って帰るにしても、その後いろいろあるそうです。資料が勝手に送られてきたり、メールがきても、まあそんなのは無視したらいいですけれど、 教えていただいた話では、勧誘の電話がしつこく掛かってくることがあって、うっとうしいそうです(それも携帯に)。
 よくいただくメールに、これらの業者の勧誘電話が しつこくて、大変困っています というものです。結局、わずらわしくて、申し込んでしまう人も多いのでしょう。 だからますます勧誘がしつこくなる のだと思 います。というのは、電話している彼らもノルマがあるから。 これらの説明会に行くのなら、このこと覚悟の上で行く必要があるのではと思います。また、電話があっても「何度電話されても、申し込みません。」とはっきり言ったら良いのでは。
 いただいたメールでは「5社程問い合わせしたのですが...うち2社は電話が激しいようです。特に「L***R*****」。家の電話は、常に留守電にして、余計な電話に出ずにすむようにして、この電話攻撃はなんとかかわしております(笑)。」

 サーチエンジンから検索することで英語学校のホームページを見つけることができます。しかし普通の英語学校なら大抵は日本の紹介業者のサイトで紹介されているので(それも日本語で詳しく)、 英語で書かれた英語学校のサイトを見るメリットはありません。
   英語学校のホームページは自分で自分のことを書いているわけですが、業者のホームページは他人のことを書いているわけですから、客観的といえます。業者のホームページによると留学した人の 体験談とかあって、結構そんなのが役に立つそうです。
 英語学校 自体のホームページはなぜかやたら難しい英文がぎっしりと詰まっているものが多いです。英語を学習しに来る(つまりまだ英語が完璧でない)外国人をターゲットにしているページなんだから、もっと やさしい英語で利用しやすくすればいいのにと思います。
サーチエンジンから検索することのメリットは、学校のホームページを見つけることより、その学校を紹介している業者や、留学経験者の個人のサイトを見つけられることだと思います。
 業者のサイトは、その学校の情報収集には都合がいいのですが、個人サイトは留学生活の日記のサイトばかりです 。まあそれはそれで、見てて楽しいとは思います。

 紹介業者のホームページから、同じ英語学校の情報を見比べてみると、違うことが書いてあったり するどうです。どちらが正しいか、最終的には学校に聞くしかないようです。

 個人的な意見ですがホームページの(c)(コピーライト)の年号が古いままになっている(たとえば (c)2003 みたいな)ホームページの業者は 、最新の情報を持っていない、つまりあまり当てにならない業者だと思う。新しい情報を掲載しているのなら年号が新しくなっているはず。2003年からホームページを更新していないのだから。

 情報を得る方法として、Yahooなどの掲示板やSNSがありますが、書き込みをしてもほとんど情報は得られないそうです。というのは、これから留学する人ばかりが集まっているからだそうです。「*****(学校名)のことご存知でしたらお教えください。」と書き込んだところで、これから留学する人たちばかりが集まっているところで、誰も答えられません。
 逆の立場になって考えてみればわかるのですが、自分が留学中のとき 、現地からわざわざそんな掲示板にアクセスしません し、留学終了帰国後でもアクセスしません。なぜなら留学してしまったら学校の情報を集める必要がないですもの。

 あるマスコミ関係の人からメールで教えていただいた話では、(結論から書くと)、評判のいい留学エージェント、親切な業者だというようなことは、まったくマスコミには出ないということです。というのは、ほとんどの大手の新聞社放送局は、毎日コミュニケーションズ、文化放送ブレーン(ここは名前が変わったらしいが)のように自社の系列に(有料の)留学斡旋業者を持っているので、子会社の利益が減る ので、仮に本当にいいエージェントがあったとしても、そんな情報は報道はしない。逆に、足を引っ張る 記事、報道ばかりになるそうです。
 一方、留学を特集として組むことのある雑誌(特に女性誌で多いらしい)の出版社の場合、 このような会社は通常あまり大きくないので、自社の系列には留学代理店を持っていない。しかし、通常そんな雑誌は、大手の留学業者が広告を定期的に出しているので、本当に 評判のいい留学エージェントがあって そこが良い などという、お得意さんの広告主の機嫌を損ねる記事を、編集長は許可できないそうです。
 いわゆる留学雑誌は、出版元が留学代理店だから、他の留学代理店のことなど、触れるわけない。
 つまり、仮に本当にいい留学エージェントがあったとしても、そんな情報は、掲載、放送されない。つまりほとんどの人は、それを知らないまま、有料の大手留学代理店に依頼して しまっているのが現実だそうです。まあそれが大手留学代理店の狙いなんでしょうが。

 ネットなどで、良いと言われるエージェントが紹介されていることがあります。よく怪しいエージェントが、ブログやSNSなどに、留学経験者になりすまして、自分の会社が良いエージェントだと書いています。個人発信の良いエージェント情報は、あてになりません。と言うか嘘です。前にの同じことを書きましたが、普通の留学経験者が留学終了後に、いまさらわざわざそんなこと書きません。留学手続き中の人なら書くかもしれませんが、良いと断定するには時期尚早では。怪しいエージェントはこんなことまでをして、客集めしているのです。だまされないようにしてください。
 

 この情報を手に入れるには
1、日本で販売されているガイドブック。(その本の読者の対象年齢、その著者が斡旋業者だという事と、掲載されている学校数 を踏まえて読むこと)
2、留学斡旋業者の窓口(比較したい学校がその業者が取り扱っている学校である場合のみ有効)
3、留学斡旋業者のインターネットの無料サービス。(扱っている学校数)
4、比較したい学校を渡り歩いた留学経験者(現実問題としてなかなか探せない)
というところではないでしょうか。

 この上の1〜3は、学校の良い情報、当たり障りのない情報の比較情報の入手についてですが、学校の悪い話も含めての比較はどうするればいいでしょうか。
 このサイトを読まれた 人で、以前 倒産した留学代理店に勤めておられた人からのアイデアですが、上でも言いましたが、良い情報も悪い情報も集まるのが、留学斡旋業者なんですから、業者に聞くのがいいのではないでしょうか。 はっきりと言わなくとも、それとなく判るようには言ってくれると思います。 A校とB校はどちらがいいでしょうか、と質問して、A校の評判が良くて、B校の評判が悪いということを知っていたら、A校を勧めるはすです。 仮に利益が大きかったとしても、間違ってもB校を薦めることはないと思います。なぜなら もしB校 を薦めて入学させたら、結局苦情が自分のところに来て、ろくな学校を紹介しない と言われ、自社の評判を落とすからです。

 授業料や授業時間などの数字は、わざわざ資料を集めなくても、本屋で売っているガイドブックやインターネットで簡単に比較できます。教育内容、環境、設備・人員などの情報は、どのパンフレットも、「抜群の環境」、「充実した設備」、「優秀な教師陣」というように、自分の学校が一番良いと書いてあるので比較になりません。このことを比較するには、自分が各学校に体験入学でもすればいいのですが、そうは行きません。多くの 人は仕方がないので「パンフレットにきれいな写真のある学校」 、「ハンサムな男性、かわいい女の子の写真のパンフレットの学校」を基準に選ばれているのだと思います(実際行ってみたら***ばかりだったりして)。

 パンフレット数多く集めても、結局そのカラー写真を眺めて、夢を膨らますことができるだけです。それはそれで楽しいのだけれど。

 留学から日本に戻ってこられて、「留学先の学校はボッタクリの学校だった 」、「最悪のホームステイ先だった」 とメールで 「私に」 怒りをぶつけられる人が 結構おられるのですが、はっきり言って 不愉快 です。 私が薦めた とか、業者に良い学校と薦められて、行ってみたら良くなかった とかなら、その気持ちは理解できます。しかし、自分で本などで調べ 、偏った情報(良い話)だけで判断して、自分自身で決めて 、自分で手続きして行った学校が「悪かった」 と言われても、私の知ったこと ではありません。
 普通の人が自分だけで判断されると、このような結果になるだけのような気がします(結局私が 不愉快 な想いをさせられるだけ ! !)。パソコンやクルマを買うのと同様に、「知っている人」に相談するのがいいのではないでしょうか。
 費用の安い学校や公立を選んで留学して、「良くなかった」と言って頭に来ておられる(腹立てている)のは、 逆になんか「 こっけい 」な気がします。そんな学校を選んだ時点で、良くない事ぐらい、納得の上だったはずです。

 自分で選んで自分で入学手続きして、デポジットを送金したのだけれど、音沙汰なく、調べてもらったら、倒産してた というのも、自分で自分勝手に判断して申し込んだ失敗の一例だと思う。倒産していない(当然)、倒産しない学校を選ぶべきだったと思います。

お気に入りに追加する

 

別件:ご注意を

 

 授業料を5%割引して入学させてくれるサイトを見つけ、指示どおりの全額 口座に入金したが、その後何度もメールで問い合わせても音沙汰なく、どうやらだまされたようなのだけれど、どうしたらいいのでしょうか、  と言うメールを多数頂きます。はっきり言って、そんなこと私に相談されても困ります、というか関わりたくありません。
 どうやら、このサイトから申し込むと正規の料金より5%割引しますと謳って いて、料金をこの業者の指定口座に払うシステムになっているようです。そしてお金を払って、しばらくすると消えてしまうそうです。

 考えてみればわかるのですが、英語学校が割引していないのに、学校の正規料金を他人が勝手に割引してしまうなんて、おかしな話です。 そんな業者(サイト)は授業料は5%割引しても、他のところで、(たとえばVATとか、***手数料とか、+++登録料とか名目つけて)、5%分以上の料金をプラスして利益を確保する か、全額 だまし取るかのどっちかじゃないですか。 

 同じような手口として、授業料の**%をスカラーシップ(奨学金)として、割り引きます というものもあるそうです。試験を受けて成績が良かったから奨学金がもらえるとか、育英会の奨学金みたいな実質、ローンなら分かりますが、公的機関でもない業者が、申し込みした人すべてに奨学金を出すなんて  お笑い です。

 だまされる人は、自分が「5%得する」 と言うことしか見えていないんでしょうね。全額だましとられるのに。この全額騙し取られるのは、特に長期の留学希望者の人が被害にあっているようです。自分のところに来るメールの多さからして、かなりの被害者がおられるのではないかと思います。

 業者の連絡先もP.O.BOX(私書箱)になっていて、所在をはっきりさせていなかったり、電話番号もFAXの番号だけしか表示していなかったりするようです。  こんないいかげんな所に、疑いもなく自分の金を払うなんて、アホです(数千円ぐらいなら、あきらめることもできますが、何十万円も、何百万円も あきらめられない!!)。  
 まあ、まんまと引っかかってしまう方に問題があると思います。飛行機に乗り込む前に気づいて、まだよかったと思います。

 そのサイトの名前を教えてください (公開してください)と言うメールを頂くことがありますが、その手のやつらは、同じ手を使って、次々と名前を変えますのでお教えしても仕方がないと思います。 悪徳業者と判明したときには、すでに存在していないのだから。  
 私などに聞かれずに、学校に直接質問されたら良いのではと思います。 「*****という業者が、あなたの学校の正規料金を**%割引して学校に入学させてくれるそうですが、本当ですか 」 と。そんな話知らないと、答えが返ってくると思います。

 商品を製造しているメーカーの場合、その商品を問屋に卸したら、その商品はもう自分の物でないので、その後その商品が小売でどれだけ割引されていようが、知ったことではありません 。たとえ無料で配布されていようが、すでにメーカーは利益を確保してあるので、関係ありません。しかし、留学の授業料の場合、業者が正規料金を**%割引販売しても、最後に 学生の面倒見るのは学校なのだから、正規の割引でない限り、学校が割引を認めるはずないです。

 このことに関して、ある大手の留学代理店に勤めておられると言う人からメールで教えていただいた話によると、EnglishUKやAAIEP、CAPLS(アメリカやカナダのEnglishUKみたいな組織)に加盟している 語学学校、大学は、その契約している留学代理店に、料金の勝手な割引を禁止しているそうです。実際 、そのような契約になっているそうです。

 **%割引する******という業者は、このページで警告しているような危ない業者なんでしょうか、という質問を このページを読まれた人からメールでいただきました。自分としては 聞いたことがないし、関わりたくなかったから、返事もせず放っておきました。そしたら、数ヶ月後に、まったく同じこの人から、******にお金を騙しとられたのだけれど、どうしたらいいのでしょうか、 という相談のメールをいただきました。
 申し込む前から疑わしいと思っていたから、私などに相談されたのでしょうけれど、怪しいとわかっていながらまんまと150万円も騙し取られるなんて、なんとこの人はアホなんだろうと思います。この手の業者には最初から近づかないのが正解です。

 このような割引エージェントに勤めていたという人からメールをいただきました。この人は、日本人の顧客担当として雇われたそうです。経営者は韓国人で、ある日突然、お客の金を持って姿をくらましたそうです。
 また、ある英語学校に勤めれおられる人から、匿名を条件に教えていただいた話では、学校はこの手の割引エージェントの存在をわずらわしく思っているそうです。学校の正規料金を勝手に割り引きして、ホームページなどで公表してしまうし、 突然倒産したりするし、自分の学校の名前を勝手に使って、**%割引とホームページで客を集め、お金をだまし取ったりするからです。
 騙された人たちが苦情を学校に言ってくる そうですが、学校からしたら、申し込みを受けていない人たちからクレームを言われても、どうしようもありません 。学校も 名前を使われ、ある意味、被害者です。

 メールで教えていただいた話ですが、詳しくはわからないのですが、最近よくある、Twitterのような、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)上で、関心を持たせるような書き込みをし、メールで問い合わせてきた人に 割り引きで入学できます と誘って、入金させ 騙し取る手もあるそうです。
 そもそも、このようなSNSで商売することは禁止されているのでは? と思うのですが。留学生のお金を騙し取ろうとしている悪意のある人間が、SNSのルールなんか守る訳ないよな。
 このような詐欺エージェントは、.留学経験者になりすまして、架空のブログやSNSなどで「良いエージェント」とかきこみ、客集めしています。どこの誰かわからない人の情報を、頭から信じてしまうことに問題があ ると思います。ネットに書かれていることなど、ウソだという前提で行動すべきです。

 正規料金より割引しますというと、すぐに目がくらみ、客観的に正しく判断できなくなり、入金してしまう人が多いようです。

 結局、この手の割引エージェントに騙されたという問題は、どうやら2種類あって、最初から全額騙し取ってやろうとしている架空の業者か、最初はまじめに割引エージェントとしてやっていたが、経営的に立ち行かなくなって、経営者が  突然 客のお金を持って姿をくらましてしまったか、 のどちらかのようです。

 どちらの種類に騙されたにしても、業者に自分のお金を払うから、こういうことになるのだと思います。 学校に直接払うべきです。

 この問題は、これ以上 私にメールをよこさないでください。メールを下さっても何の役にも立ちません。あまりに多いので、うっとうしいです。
 15%割引と言うのも現れたようです。送金したのに、入金されていないといって騙し取る手もあるそうです。

お気に入りに追加する

 

 

<< 前のページ 留学を成功させるためには

| 海外語学留学 |

次のページへ 後悔しないために、どこの英語学校を選べばいいか >>


ここで記載された方法により生じた不当な料金の請求等のどのような損害に関して、著者はいかなる責任も負いません。
Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. このページの記事、図版の無断転載を禁じます。