現地からの生情報 個人が発信する留学情報
      

 | 海外語学留学のページ| 次のページへ>>


 
このページは文章が長いのでプリントアウトして、 後でゆっくり読まれることを強くお勧めします。

留学を成功させるためには

問題のある業者
「自分で手続き」のメリットと落とし穴
インターネット業者の不安
 

 

 私も留学し勉強しました。当然、自分で手続きして料金を払いました。 その学校には私以外の日本人も来ていました。彼らは留学斡旋業者を通しているのですが、結構高い金額を業者に払って来ているのです。

 それなら自分で英語学校の手続きをして、H.I.Sみたいなところで格安航空券を買ったら安くできるのにと思いました。 しかし、なぜかみんな 業者(代理店)を利用するもの だと、当然のように思い込んでいるのです。
 長期留学される場合、ビザの問題があるので、まったく自信のない人や、中学生のような完全な初心者なら斡旋業者さんを頼らなければならないのはわかるのですが、 普通の人なら領事館に出向いて日本語で自分ででも、簡単にできます。あえて斡旋業者に頼る必要性はまったくありません。

 留学する学生の側からではどうにもならない、 希望通り良いホームステイを確保する  など、留学の条件に関する問題も、今ならインターネットの無料のサービスがいろいろあるので、そんなのを適当に利用したら、それほど手続きや交渉などが精神的な負担にならずに、無料でかつ簡単に 、損しないで、その上、有利な条件で留学が出来ます。
 航空券の購入や留学保険の契約などは日本語でできるので難しいことではないし、 航空券など一式抱き合わせで(つまりパック料金で)、割高な航空券買わされるより、それぞれを安いものを、一つ一つ選んだほうがお得です。

 自分で手続きすることはすべてが自己責任になります。現地で病気やケガをしたら、事件に巻き込まれたらどうしようと言う不安はあると思います。
 万が一そのような事件や、病気になったときは、ホームステイ先や英語学校が面倒見てくれます。 盗難など、金銭的な損失も、留学保険に入っていれば、キャシュレスでサービスを受けられるし、お金もあとで必ず戻ってきます。
 

 大人なら、それぐらいのこと、自分で出来て当然だと思うのです。というか、それぐらいのこと「自信がない」というようなやつは 留学するな といいたいくらいです。

 チャレンジ精神旺盛な人はぜひ自分でやってみてはどうでしょうか。


 簡単なことや無料でできることを、わざわざ代行させて、手数料取る紹介業者をボロ儲けさせることないじゃないですか。

 

お気に入りに追加する

 

問題のある業者

 

 私でも名前を知っているような某有名留学代理店の西日本のある都市の支店で働いていたが、辞めたという人から、次のようなメールをいただきました。
 「内部に入ってみたらら分かるけど、ここのやり方をみていると、はっきり言って手抜きだなあとすぐに分かりますよ。言っちゃ悪いけれど、質問があっても、マニュアルが あってそのとうりに答えているだけだし、何せ込み入ったこと質問されたら、あとで調べて答えるといいながら、本当に調べたことなんか一度もないんだよ。 なにせ、俺以外にまともに英語がしゃべれるスタッフなんかいないんだから。俺が辞めて本当に困っていると思うよ。こんないい加減なことして、そのくせ、申し込ませようとしむけて、 ここまで手抜きしておいてお金儲けに走って、 社長は罪悪感はないのかと思いますね。留学は一生の中でも一大事なんだから、ここまで手抜きするのは詐欺だよ。」

 ほとんどの業者は良心的だと思います(思いたい!)。斡旋業者として手数料を請求するのは当然です。それは労働に対する 報酬だからです。ただ、この手数料が結構高いんだ。安く上げるには、その手数料も節約したいところです。

 ほとんどの業者は良心的だと思いますが、一部の業者はおかしなところがあります。

 出発前3ヶ月以内の申し込み(間際の申し込み)は特別料金を徴収しているところがほとんどですが、何度も自分で申し込んだことのある私からすれば、明らかにおかしい。
  空きがあれば入学できるし、なければそこに入学できないだけのことで 、 他校に行けばいいだけ。
 英語学校からじかに手に入れた料金表を見てみたらわかるのですが、3ヶ月 前以内の直前申し込みならなら上乗せの料金を請求してるところなんかないでしょう。
 私自身 英語学校に通ったときには、入学2週間前に学校にじかに申し込んだことが何度もあります。
 もっとも、6ヶ月以上前に申し込んでくれたら割引します という学校はありましたが。

 入学金、授業料、宿泊費を現地通貨で表示して、独自レートで日本円で業者へ支払うようにしている ところがありますが、このレートは実勢のレートよりもかなり高めに設定されています。
 確かに業者側からしたら為替変動のリスクがあるので、高く設定せざるを得ないですが、業者のリスクを何も 客の私たちが負担する事はないと思います。業者のリスクは業者が負担すべきです。
 この高いレートはリスク回避を名目にしていますが、実際はそこでも儲けたいためだと思う。なぜなら、実勢レートが円安に動いたら、すぐにその独自レートも変更するからです。リスクを負っていないぞ!!

 業者のレートが実勢のレートより、たとえば10円高かったとして、2週間ぐらいの留学ではたいした差にはなりませんが、 たとえば長期の人は授業料宿泊費等すべて含めて最低1万ドルから1万5千ドルぐらい、ポンドなら1万ポンドくらい必要だと思います(大体150万円から200万円ぐらい)。 この独自レートが現実のレートより10%高めに設定されているとしたら、15万円ぐらい多めに払っていることになります。
  手続き無料といったところで15万円以上も多めに払っているのなら、実質、手数料払っているのと同じです。 手数料が必要な有料の業者は手数料と独自レートの両方儲けるのだけれど。

 英国の学校の授業料等は、VAT(付加価値税、日本の消費税みたいなもの)はかかりません。
 しかし日本の斡旋業者は、入学金、授業料、 ホームステイ代などの支払いでその合計にVATを、当然のように請求し くるそうです(プラス 手数料)。これは明らかにおかしいです。
 日本の消費税はすべての商品にかかるので、授業料にVATと言われても、ほとんどの人は疑問に思わないのでしょう。英国のVATは食品、子供服、書籍などにはかかりません。授業料など教育費にもかかりません。
 イギリスにいたとき学校にじかに何度も申し込んだことのある私は、VATを要求されたことはありません。イギリスで支払って、課税されない税金を、なぜ日本で払うと 課税されるのですか?
 授業料にはVATはかかりません。学校から直接 手に入れた料金表を見てみたらわかるのですが、VATはかかってません。
 このことに関して、以前イギリスで英語学校で日本人カウンセラーとして働いていたという人からメールで頂いたご指摘では、たしかに授業料、ホームステイ費はVATがかからないが、入学手続き料、ホームステイアレンジ料、空港お出迎えサービスなどはVATがかかるとのこと。しかしこれらは額が小さいし、書類が煩雑になるので、VATを含んで”100ポンド”とかにしている、つまり内税で表記しているそうです。
 まあどちらにしても、授業料、ホームステイにVATを請求するのはおかしいです

 

 またある人からこんなメールを頂きました。
 「(日本にある)業者の事務所にゆき、そこで資料をもらったのですが、その日本語の値段表が、なんとなく高いような気がしたので、****(英語学校)から直接、資料を取り寄せて値段を比べてみたら、すべて2割ぐらい高かった。」  
 この人、当然その英語学校から取り寄せた資料の中にあった申し込み用紙を直接学校に送って申し込んだのは、言うまでもありませんが。

 結局のところ、斡旋業者にお金を払うという仕組みだから、学校の正規の料金以外に不可解な料金が付け加えられるんでしょう。これを避けるには直接、英語学校に払うしかないと思います

 何か「公的機関」みたいな名称を使ってる業者が多数あるそうです。「公的機関」みたいな名称を使って、「学校の正式な窓口」と謳っています。 そこが唯一の公式な代理店みたいな振りしています。
 その業者に限らず、「正式な窓口」なんて、学校と契約の出来ている業者はすべて「正式な窓口」です。

 現地にアシストデスクがると、さも凄いことように宣伝している業者があります。現地のデスクがあれば安心と、わざわざ高い料金を払ってその業者に申し込まれる人が多いそうです。  
 しかし 、留学された方々からいただくメールによると、現実問題として留学が始まったら、そんなデスクを利用するようなことはまったくないそうです。
 「現地デスクがあると安心と、(両親が)言うのでその(有料の)代理店に申し込んだけれど、一度も利用しませんでした。同じところ(代理店)から申し込んだ回りの人も誰も使っていませんでした。 (無料の業者で申し込みたかったのに)損した気分です。」  、
 「(ヒースロー)空港に業者の人が迎えに来ていて、私を学校手配のタクシーの運転手(私の名前と学校の名前を書いたボードを持って立っていた)の所まで連れて行ってくれましたが、それ以外にサーポートデスクなんか、1年の留学期間まったく利用していません。たかがこれぐらいのことで、十万円も さらに払ったなんてバカらしく思いま した。」 
 何か問題があれば、英語学校にじかに言えば解決してくれるし、留学保険に入っていたら、病気、事故や盗難なんかは保険でカバーされるし、海外にいても日本語で対応してもらえる。
 クラスやファミリーでの人間関係でのもめ事も、英語学校に言えば解決してくれる。逆にそんなこと学校 言わず、頭越しに申し込んだ業者に直接言ったら(告げ口したら)、のちのち学校との関係がぎこちなくなり、いろいろやりにくくなると思います。

  この現地のデスクというところで働いたことがあるという人からのメールでは、入学した客から連絡があることはほとんどなく、ほとんどは学校から紹介料を回収する仕事ばかりしていたそうです。

 このことで、ある大手留学代理店の管理職(部長)の肩書きの方から、抗議を受けました。というのは、日本にいる間は留学代理店がサポートするけれど、現地では学校が直接留学生をサポートしているので、 現地でのサポートがないという非難は当たらない、 規約にもはっきり記載している とのこと。
 現地では学校がサポートしているのなら、現地サポート料をとったり(上の代理店のことではない。しかし手数料とっているから同じ?)、パンフレットなどの宣伝媒体で、サービス内容のなかに 現地サポート と書くのはおかしいのではないか と思 います。 というのは、その業者使わず直接入学申し込みしても、学校の 現地サポート は存在するのだから。当然ある物を、あえて書くことはおかしいとおもう。

 現地デスクを利用したことのある人から教えていただいた話によると、緊急の用事があったのでそのデスクに直接電話したのだけれど、メールで学校に問い合わせがあっただけだったそうです。まあ、メールで解決できるような簡単な問題だったのでしょうけれど。
 たとえば カナダの現地デスクといったところで、現地デスクがカナダのバンクーバーにあるのなら、トロントやモントリオールの学校に留学している人のために出向いていくことなど現実問題として、できない と思う。
 英国の場合、現地デスクはロンドンにあるのでしょうけど、ロンドン以外に出向くことはないと思う。じゃあロンドン内の学校なら訪ねてきてくれるかというと、メールや電話で済ますので行かないと思う。
 問題 を解決してくれるのだから、それはそれでいいのだけれど、メールや電話で済むのなら、わざわざ現地デスクのあるエージェントにこだわる意味がありません。

 

 最近はインターネットの無料のサービスがいろいろ現れ、学校、大学探しから入学手続きまで無料でできるようになりました。インターネットのこのような無料サービスは、顧客 が払う手数料ではなく、 学校からの紹介料でまかなわれているそうです。

 「無料コンピュータ・カウンセリング、ご予約ください」 というサービスをしているとことがあります。予約を取ってその業者の事務所に行き、そこのコンピュータを自分で操作して学校探しをするのだと思うのですが(自分の推測)、こんなのなら、インターネットで公開して 、家から操作できるようにすればいいのにと思います。
 もっとも、この有料の業者からしたら、家で勝手にやられたら何にもならない、自分の事務所に来てくれるから意味あるのだと思いますが。

お気に入りに追加する

 

「自分で手続き」のメリットと落とし穴

 

 このホームページを開設した当初は、「すべて自分で手続きして、安く上げましましょう」  と訴えていました。 実際それが安くする方法だったからです。
  しかし今では私の考え方が変わってきました。 というのは すべて自分で 直接学校に入学手続きすることは、経済的な方法の一つである事は確かですが、必ずしも留学生活が有利にならないからです。 

 以前英語学校で働いていた と言う人から、よくメールで教えていただ くことですが、 英語学校は業者からの申し込みを優先的に扱う そうです。営業上の理屈から言うと、一個人より  業者のほうがが大事だからです。

 学校は、斡旋業者を通して申し込まれた人の希望どおり、つまり業者の要望どおりしておかないと、今後客をまわしてもらえなくなるかもしれないので、その客に不満をもたれるようなことは絶対に しないのです。
 一方個人で申し込んだ場合、ほとんどの人は2度同じ学校に入学しないから、不満があったとしても、営業上、まったくかまわないからです。 どうしても業者の要求を聞かない訳には行かないそうです。 

 いわゆる良心的といわれる英語学校でも、業者を通して申し込まれた人へ優先的に便宜を与えるのは致し方ないことのようです。
 どの英語学校も、個人がいくら流暢な英語で何度も要望しても、知人の 外人から言ってもらっても、業者の一言には勝てません。
 評判のいいホームステイ先は、業者を通して申し込んだ人から優先的に割り振るので、どうしても個人申し込みの人は不利になります(あとのページのホームステイのところも見てください)。
 大学への留学でも同じことだと思います。

 この「業者の一言に勝てない」ことに関して、自分で手続きして留学された人から、こんなメールをいただきました。「***(英語学校名)から納得できない料金の請求をされました。(中略 具体的な数字) 何度もメールで「それはおかしいのではないか」ということを言ったのですが、受け入れてもら えませんでした。(中略) そこで S社さん(注:インターネットの会社)に同じことを聞いてもらったら、あっけなく、自分が主張していた通りになりました。」  
 つまり、業者でない人、個人申し込みの人が言ってくることを真剣に相手していないということ、「不可」、「ダメ」で押し通すと、結局学生は折れることを知っているのですね。

 このページを読まれた人からメールで次のようなアイデアを頂きました。 「学校を決めるのは自分でするとしても、入学申し込みはインターネットの無料の入学申し込みサービスを利用してはどうでしょうか」  
 確かにその通りで、 最近は私もこのアイデアには賛成しています。これなら個人で申し込んだ不利をカバーできるし、手数料を払わなくてすみます。そこから英語学校に自分の希望を強く言ってもらえます。

 私にアイデアを下されたこの人が主張しているポイントをまとめると、次のようなことです。 

 英語学校から業者に支払われる紹介料(コミッション)は、もし私たちが直接英語学校に申し込んだら、その分のお金は、たいした額ではないけど、英語学校の利益になります。 
 お世話になる英語学校に儲けさせてあげてもいいのでは という気持ちもありますが、 自分が英語の手続きで苦労して、英語学校を儲けさせてやっても、例えば良くないホームステイに割り当てられたり、料金ごまかされたりするなら、やってることが おバカです。
 それなら、無料のサービス なんかを利用して、そこにコミッションを稼がせ、その対価として 良いホームステイ等 その他いろんな良い条件を確保するようにしたほうが、どうせ自分の手元に帰ってこないお金なんだから、賢いお金の使い方だと思います。そんなコミッションなどたいした額ではないし、有料の業者に頼む手数料 に比べたら、ほとんどタダみたいのものです。
 語学学校だけではなく、大学留学でも同じだと思います。


 よく頂くご意見は、無料のサービスなんか利用してもやってくれることが知れてるのではないかというものです。
 ある人から、「最初は無料のサービスなんて と思っていました。学校を探す段階では、メールか電話でしかやり取りできないことが少々もどかしかったし、申し込み後は、ビザや、航空券や留学保険の手配などは自分でしなければなりませんでした。 しかし、航空券が取れなくて開始日の変更を言ったときもすぐに対応してくれたし、何よりも いいホームステイにあたりました。肝心なところはちゃんと処理してもらっていました。
 無料でこれだけしてもらえたことが満足です。従来の留学代理店なんて無用の存在なんだと実感しました。 (このホームページが)おっしゃ る通りにしてよかったです。」
 「ホストファミリーも留学生受け入れの経験が豊富な方で、大変快適に過ごせました.。学校からの距離も10分と***(インターネットの無料サービスの会社)にお願いした通りの条件でした。他のエージェント(有料)で頼んだら通学に40分かかる家に回されたというクラスメートもいたので、余計ありがたく思いました。」

 有料と無料の両方のサービスのあるところは、有料のサービスを利用するように勧められるだけで、結局、申し込みをキャンセルするのに手間取り、役に立たず 、時間の無駄になるようです。 
  実際に経験された人のメールによると、駅前ビルの事務所で申し込んだら有料だけど、インターネットでの申し込みは無料というある業者は、インターネットで申し込んだら、後の手続きを何もしなくて、結局事務所に直接問い合わせに行くことになり、そこで有料のサービスを申し込ませるように仕向けているそうです。

 

 留学手続きの手数料が無料だけれど、航空券、留学保険などが抱き合わせになっている業者があるそうです。抱き合わせのほうが割安です とか 言われるそうです。
 メールで教えてもらった話によると、確かに手続き手数料は無料だけれど、割高の航空券などを抱き合わせにして、そちらで利益を上げている とのことです。実質、手数料が無料じゃない。
 ですから、申し込むときは、ひとつの業者で抱き合わせにせず、入学手続き、航空券、保険を 安いところを探し、別々にしたほうが良いようです。

 英語学校の料金、航空券、空港からの交通費、留学保険などなど、個人が一つ一つばらばらに手配するより、すべてまとめて申し込んだほうが安いのではないかと思われる人もおられるでしょう。

 確かに100人集 めて、100人が、たとえば仙台から成田まで2台のバスで行き、同じ飛行機に乗り、2台のバスで空港から英語学校まで行き、100人が同じ英語学校に入り、同じクラスで授業を受けるという留学なら、問題も少なく、経費も安いでしょうけど(経費が安いのであって、料金が安いのではない。 安くなって、浮いた分は業者の利益なんでしょうけど)。いわゆる大学(や生協)が主催の語学研修旅行( イギリス留学の場合、最後にパリとローマに観光に行くような)なんかはまさにこれなんで しょうね。

 しかし、皆さんはそんな留学、語学研修を望んでおられないと思います。 

 大学主催の語学研修コースに参加された人からいただいたメールでは、大学の言うとおりの金額を払って研修に参加したのですが、帰国後、入学した学校のホームページを偶然 見ることがあって、そこに値段表があり 、 見てみたら、とてつもなく高い値段をとられていたということがわかった、それなら自分で入学手続きしたほうが、安くもついたし、日本人ばかり(その大学の学生ばかり)のクラスではなく、一般の 外国の学生と一緒のクラスになれたのではないか、 というのがありました。
 もっとも個人で申し込んだら大学の単位にならないのでしょうけど。結局、単位を餌に高い金 取ってる?

お気に入りに追加する

インターネット業者の不安

 

 この無料の業者ですが、実績のある業者を選ぶのがいいと思います。というのは、こんな留学斡旋業など誰でも簡単にはじめられるからです。少々英語ができれば、商売開始できます。 資格もいりません。

 よくいただく質問は、「インターネットの無料のサービスなんか利用して、大丈夫なんでしょうか」 というものです。

  この「インターネットなんか利用して、大丈夫なんでしょうか」と言う質問された人に、なぜそう思うのか と聞いたことがあります。その答えは、 業者主催の「留学オリエンテーション」に参加したら、 そこの業者の人がインターネットなんか利用したら危険だと説明された と言うものです。  
 これは他の業者を使わさないために 言っているぐらいのことがわからないのかと、あまりのバカ正直に 思わずあきれてしまいました。 
 留学に限らないですが、「インターネットのいろいろな無料のサービスと  うまく付き合う事が、インターネットの賢い使い方だと思います」。 実際「インターネットの無料のサービスなんか大丈夫なんでしょうか」と質問された 人のメールアドレスがhotmailだったりすること がよくあります。(矛盾してるぞ!!!)

 「大丈夫なんでしょうか」という人の言い分に多いのが、人の顔が見えないと不安だ というものです。たとえばどこかの留学業者の事務所に行ってそこの人と、顔を見ながら話したとしても、あなたが本当に買おうとしている商品は 、遠くイギリスやアメリカにある学校であって、目の前の人が いくら美人でも、その事務所がいくらきれいであっても、まったく関係ないのではないでしょうか。

 また次に多いのが、インターネットに個人情報を出したくない というものです。
 留学業者の事務所に行ってそこから申し込みをしたら、あなたと業者間は、確かにネットに個人情報は出していません。しかし、今の時代、業者と学校との連絡はメールです。連絡は郵便とFAXだけ  という頑固な業者が仮にあったとしても、そんなコストと時間のかかることしてたら、とっくの昔に倒産しているはずです。
 現実問題として、インターネットのデータの流れを盗聴してデータを盗まれることより、事務所から情報が漏れることのほうが多いのは常識です。

 現実の世界でもそうですが、タダだからといって無分別に片っ端から 嫌がられるぐらいサービス利用すると いう人もいるようですけど(デパートの地下の食料品販売のコーナーで、 試食 を食べて回っている人みたいに)、 有料のサービスなら、やってくれて当然 という態度もわかりますが、無料のサービスでは、肝心のところで不利益をこうむると思います。 何せ相手は人間ですから、常識的な利用の仕方が 必要だと思います。 

 国際/教育/交流/文化/協会/委員会などの単語を使った何か「公的機関」みたいな名称を使ってる業者があります。本当に公的機関かもしれないですが、メールで教えていただいた話によると、公的だからサービスは無料なんでしょうが、実際の申し込みは大手の有料の業者に丸投げされるそうで、そこからのキックバックを、稼いだいるそうです。

----------------------

 以上まとめると、
 申し込むのなら
1、雑誌などでも宣伝を多く出しているような、有名大手留学業者(ただし有料)
2、料金を直接学校に払うシステムになっている無料の 留学代理店
のどちらかでしょう。

  1の場合何といっても安心です。どんな些細なことでも相談に応じてくれます。高い手数料が要りますが、すべてをお任せできて、何もしなくてすみます。 
  一方2の場合、1のような安心感には劣りますが、無料で安全です。ただし、安心な業者を探して利用する必要があります。

  薦められないのが、有名でない業者で、有料無料にかかわらず、料金をその業者に払う場合です。当然のように変な料金を上乗せしてきますし、また全額騙し取られる可能性があります。

  最悪なのが自分で直接学校に手続きしててしまうことです。料金的には上の2と同じですので、あえて自分で直接手続きするメリットがないし、なによりも、悪いホームステイをあてがわれ たりするのは、 当然としても、ひどいのになると料金をごまかされたりするからです。

 入学への一連の手続きを”自分でやり遂げたい”と思ってられる人が多い様ですが、自分で手続きすることの目的は、安く上げることであって、自分で手続きすること自体が目的でないと思います (本来の目的は英語の上達でしょう)。確かに”自分でやり遂げた”という、達成感はあると思いますが、それは別の言い方をすると、自己満足でしかありません 。
  手続きだけをやり遂げたと悦に入っているのは”おマヌケ”でしょう。結局、損してたら意味ないです。
 食事も十分に出してくれないホームステイ先を割り当てられて、足らない分を自分で買って余分な食事代かかかるのなら、何のために自分で苦労したのかと思うことになります。 入学手続きを達成しても、留学自体を失敗してたら得たものが何もありません。 

 

 上の議論と関係ないですが、留学先学校を決めたら、ぐすぐすしないで、すぐに申し込み、自分の希望を早く言ってもらうと良いと思います。つまり早いこと申し込んで、良い条件を先取りしようと言うわけです。
 申し込みをあとまわしにしていたら、例えば良いホームステイ先はすでに先に取られてしまってて、残っていません。いくら強く要望を言ってもらっても、無いのならどうしようもありません。
 いい条件を確保するには  すばやく行動することです

 

 

 お気に入りに追加する

 

   

 

 | 海外語学留学 | 次のページ 英語学校の情報を調べる >>

 
Google

 


ご意見、ご質問は著者までメールをお送りください。

ここで記載された方法により生じた不当な料金の請求等のどのような損害に関して、著者はいかなる責任も負いません。
Copyright (c)2005-2016 by Yamasan. このページの記事、図版の無断転載を禁じます。